交際相手との関係がうまくいっているなら、女性は自然と結婚のことも考えるのではないでしょうか。

でも男性のなかには、思いもよらない理由で結婚を迷っている人もいるようです。

そこで今回は、実際に結婚に踏み切れないと悩む男性たちに本音を聞いてみました。

そこには、意外と複雑な理由があるようです。

意外と複雑?男性が結婚を躊躇してしまう理由3つ

彼女の親友が苦手

「結婚したら、妻の友人たちとも交流を深めて、家族ぐるみで仲良くできるような関係を築きたいと思っています。でも俺、彼女が頻繁に遊んでいる、幼馴染で親友の女の子が苦手なんです。

俺の彼女と違ってすごく派手なタイプで。でも会ったことはないから、よくわからないけど。彼女との結婚は、その親友のことをもっと知ってからにしようと思ってます。」(28歳男性/銀行員)

結婚を考えるとき、パートナーのことを古く知る友人たちとも良好な関係を築きたいと思う気持ちもわかりますよね。

そのため彼女の親友が苦手ということが原因で、結婚を踏みとどまってしまう男性もいるようです。

本気で結婚したいと考えている彼氏には、自分の親友とも会う機会を作って、人となりをわかってもらえるよう努めてみましょう。

学歴の差を理由に親に反対されている

「僕は高卒の美容師、彼女は超が付くほど偏差値が高い国立大出身の弁護士なんです。僕が彼女のヘアカットを担当したのが出会いのきっかけ。

僕らは早く結婚したいと思っているんですが、僕の母親がどうしても納得してくれません。後々、僕が惨めな思いをするから考え直せって……」(30歳男性/美容師)

最近では、学歴の差なんて気にならない!という人も多いのではないでしょうか。

しかし学歴ギャップが結婚の妨げとなる時代に生きた親や祖父母世代にとっては、低学歴男性+高学歴女性の結婚を安易に受け入れられないという場合もあるようです。

また結婚するとなると、親からも祝福されたいと思うのが常。

そのため、自分よりも高学歴な彼女との結婚を親から反対されて悩む男性もいるようです。

でも本気で結婚したいと思うなら、全力で親を説得してほしいものですね。

じつは元カノのことが忘れられない

じつは元カノのことが忘れられない

「彼女は性格がよくて、僕の結婚相手としては申し分ありません。でもじつは、3年前に婚約までして別れた元カノが忘れられないんです。

もしかすると、元カノが誰かと結婚したって噂を聞くまでは、諦められないかもしれません。今の彼女のためにも早く忘れなきゃとは思うんですが、なかなか難しいんです……」(26歳男性/保険)

男性は女性に比べて過去を引きずりやすいといわれますよね。

とくに前回の大失恋からあまり時間が経過していないと、元カノとの復縁を諦められずに、今の彼女との結婚に本気になれない男性もなかにはいるようです。

自分の彼氏が、元カノを忘れられずに結婚に悩んでいるなんて信じたくありませんが、もしそうだとしたら、彼氏が自然と元カノのことを忘れちゃうくらい、2人の楽しい思い出をどんどん増やしていきましょう!

失敗を恐れている男性が多いのかも

結婚とは、地球上にいる約37億人の女性のなかから、生涯を共に歩むたったひとりのパートナーを選ぶ重要な決断であり、失敗は許されない!

……今回、意見をお聞きした男性たちは、このくらい大げさな考えを持っているのかもしれません。

結婚に対して慎重になる男性の気持ちもわかりますが、適齢期のうちに良いパートナーと結婚したいなら、もっと現実を見てほしいものですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)