意外にも、自分が本当に望んでいることを、正確に理解することは難しいもの。

そのため、理由なく満たされない気分になったり、もの悲しい気分になったりすることもあるでしょう。

また、本当の望みを知ることで、よりよい未来が選択できるようになります。

今回は、女性の誕生月別に「心の奥底で望んでいること」を占いました!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

誕生月でわかる!あなたが心の奥底で「望んでいること」

1月生まれ

【激しい恋をしたい】

1月生まれの女性は、堅実で真面目な傾向にあります。

恋愛に関しても、一見すると淡白な印象を受けるでしょう。

しかし、心の奥底では身も心も燃え尽くすような激しい恋をしたいと思っているみたい。

自分でも恋に溺れる姿が想像できないからこそ、心惹かれるのかもしれませんね。

2月生まれ

【注目を浴びたい】

クールで、単独行動を好む2月生まれの女性。

周囲の人と足並みを揃えたり、常識に縛られたりすることは、苦手かもしれません。

心の奥底では、周囲から注目されたいという望みがあるみたい。

あえて人と違う行動をするのは、目立ちたいという気持ちの裏返しなのです。

3月生まれ

【ひとりでのんびりしたい】

親切で優しい3月生まれの女性。

人から頼られることも多く、なにかと世話を焼くことが多いでしょう。

しかし、繊細な一面も持ち合わせているので、知らないうちにストレスが溜まっていることもありそう。

心の奥底では、嫌なことをすべて投げ出して、ひとりでのんびりしたいと願っていそう。

4月生まれ

【たくましい男性に守られたい】

しっかり者の4月生まれの女性。

周囲から勝気なイメージを持たれることもありそうです。

しかし、内心では頼りがいのある男性に守ってもらいたいと思っているかも。

「君は強いから一人で生きていけるよ」と言われるたび、密かに傷ついていることでしょう。

5月生まれ

【お金持ちになりたい】

5月生まれの女性は、働き者で倹約家な傾向にあります。

一見矛盾しているように見えるけれど、お金の大切さをよく理解していることの表れでもあります。

心の奥底では、お金持ちになりたいと強く願っているのかもしれません。

お金があればあるほど、安心感を得られるでしょう。

6月生まれ

【人気者になりたい】

6月生まれの女性は、非常に社交的なイメージを持たれているでしょう。

しかし、実際には気弱で寂しがりやな一面を持っています。

心の底で望んでいるのは、みんなから好かれて人気者になること。

誰からも嫌われたくないからこそ、人当たりよく接することができるのかもしれませんね。

7月生まれの女性

【一目置かれたい】

7月生まれの女性は、庶民的で親しみやすいキャラクターの持ち主。

周囲から笑いのタネにされたりと、軽んじられることもあるでしょう。

しかし、心の奥底では一目置かれたいと思っているみたい。

そのためなら、陰ながら勉強したり、読書をしたり、努力を惜しまないタイプです。

8月生まれ

【本当の自分を分かって欲しい】

華があって堂々としている8月生まれの女性。

その気はなくても、周りから近寄りがたく思われることがあるでしょう。

心の底で望んでいるのは、本当の自分をわかってもらうこと。

遠慮したりせず、気楽に接して欲しいと願っているのです。

9月生まれ

【自由にのびのび生きたい】

頭の回転が速く、真面目な9月生まれ。

落ち着いた優等生のイメージを持たれることが多いでしょう。

しかし、心の奥底ではもっと自由にのびのびと生きたいと願っているかもしれません。

決して責任放棄できないと分かっていても、現実逃避したくなることもありそうです。

10月生まれ

【堂々と自分の意見を言いたい】

10月生まれの女性は平和主義。

そのため、極端に争いを避ける傾向にあります。

しかし、心の奥底ではハッキリと自分の意見を言いたいと願っているはず。

言いたいことを頑張ってまとめても、周囲の視線が気になって言えないことも多そうです。

11月生まれ

【尊敬される人になる】

努力家な11月生まれの女性。

鋼の意志で、黙々と目標に向けて努力を続けることができるでしょう。

その陰には、尊敬される人になりたいという願望が潜んでいるのかも。

頑張りが報われなかったり、認められなかったりすると、一気に落ち込んでしまうこともありそうです。

12月生まれ

【世界で活躍すること】

12月生まれの女性は、好奇心旺盛なチャレンジャー。

日々の言動だけでなく、もっと先を見越した言動を得意とする傾向にあります。

心の奥底で望んでいるのは、世界を股にかけた仕事をすることでしょう。

大きな成功のために、小さな努力ができる人です。

心のなかで願っていることは…

自分の本当の望みを知って、驚いた人もいるでしょう。

自分のことは自分でも分からないもの。

なにを望んでいるか知らなくても、驚くことではありません。

しかし、自分の本心に気付いたら、否定せずに受け入れてみてください。

それが自分らしい人生を生きる一歩になるでしょう。

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)