長く愛し合える夫婦って、理想ですよね。

どんなときも一緒にいていつも笑顔が絶えず、お互いを必要としていて、愛を伝えることに幸せを感じる……。

そんな生活を続けるためには、なにか特別なことがあるのでしょうか。

そこで今回は、結婚歴10年以上の仲良し夫婦に、愛を深める秘訣について聞いてみました。

【小さな心がけが大事】10年以上愛し合っている夫婦の秘訣

ゆっくり話す時間を大切にする

「ずっと一緒にいると『話すことがあるなら話す』になりがちですが、とくに思いつかないとしても、妻と会話をゆっくり楽しむ時間を取るようにしてます。

そうすると、意外な心の内を話してくれたりするんです。聞いたあとは、いつも満足そうな笑顔を見せてくれます」(42歳男性/自営業)

考えてみれば、片思い中や付き合いたての頃は、会話するだけで幸せだったはずです。

仲良し夫婦は、この基本を忘れずにいるのかもしれません。

彼氏が欲しいと思っている方は、よ~く話を聞いてくれる男性が狙い目かも?

相手に相談してから決める

「いつも夫に相談するようにしています。自分で決めてもいいことだと思っても、一応『○○していいかな?』『ってどう思う?』と聞いてから、『じゃあ○○するね』と言って行動に移すように。

すれ違いや思い込みもなく、意見が違っても、冷静に話し合うことができます」(39歳女性/看護師)

長く一緒にいると、ついつい相手の意思をスルーしがち……。

「わかってくれてるはず」という思い込みも増えやすいものです。

言わずともわかることも増えてきますが、コミュニケーションをとる大切さは、何年一緒にいても変わりません。

真剣な話のときはじっくり聞く

「妻が真剣な様子で話し始めたら、テレビを消します。スマホも触らず、じっくり聞いてあげることに集中。

落ち込んでいたら、『ちょっとそっちに座ろっか』と言ってソファに座って、肩を抱きながら聞いてあげると、素直にいろいろ話してくれます」(36歳男性/公務員)

夫や妻にしか、相談できないことってありますよね。

もし、そんなとき適当に聞かれているとしたら、すごく寂しい思いをするでしょう。

でも、「あなたが一番大切」という気持ちを態度で示すことができれば、きっとなんでも打ち明けられる仲になれるはずですよ。

人に話すときは夫を立てる

「夫を立てるっていうわけじゃないですけど、あえて夫自慢をしています。

『○○くんがちゃんと働いてくれてるから、安心して生活できるから本当感謝』と、あえて友だちと旦那がいるときに言うんです。夫も、まんざらではなさそうです(笑)」(38歳/主婦)

夫なんだから当たり前。

なんて思わず、改めて「○○してくれてるから幸せ」と思うのも大切なこと。

さりげなくいつもしてくれていることを、友だちにプチ自慢するというのも、感謝を忘れない方法としてよさそうです。

お互いの心がけを大切に

願わくは、結婚したら一生幸せにずっと愛してもらいたいもの……。

でも、上手くいかないときもあれば、理想と違うことがあるのが現実です。

それでも幸せかどうか、仲良くいられるかどうかは、お互いの心がけ次第。

みなさんも、パートナーとの付き合い方の参考にしてみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)