彼氏とのLINEが楽しくて、いつまでも続けていたい……という方もいるかもしれません。

しかし、終わりが見えないと次第にイライラしてくる人もいます。

気になる男性とのLINEでの会話も、いいところで切り上げるようにしないと、嫌われる原因になる可能性が……。

そこで今回は、男性が「もうLINEを終わらせたい」ときに見せるサインをご紹介します。

こんなサインが見られたら、一旦会話を終了させてみて。

男性が「LINEを終わらせたい」ときに出すメッセージ4つ

次回を暗示する言葉

会話のなかに「では」とか「また」といった言葉が出てくるようになったら、もう相手の男性のなかでは「終わらせたい」という気持ちが生じている証拠。

「今度」とか「近いうちに」といった言葉も、同じような意味合いが含まれている可能性があります。

「今日のところはこの辺で一旦区切りをつけたい」という意志が感じられたのなら、そこで終わらせたほうがいいでしょう。

また翌日以降に、連絡をすれば丁寧に返してくれるはずです。

相槌が適当

まだまだ話していたいときには、お互いに自然と会話を膨らませていこうとするもの。

そのため、あなたの返信に質問を返したり、新たな話題を出してきたりするでしょう。

一方、「うん」「わかった」「そうなんだ」といった、短い相づちばかりが続きだしたら、そろそろやめどき。

話を広げようとする様子が見られないということは、もう会話を続ける気がないのかも。

ここは一つ、スタンプを送って、会話を終了させてみるのも手です。

返信が遅くなった

男性が「LINEを終わらせたい」ときに出すメッセージ4つ

テンポよく会話していたのに、返信に間が空くようであれば、「終了」のサインかも。

他のことを始めたり、やらなくてはいけないことができたのかもしれません。

「終わりたい」ときっぱりとは言えないので、徐々にフェイドアウトをしていって終わらせようとしているパターンもあります。

あなたの方から「また今度ね」など、終了の合図を出せば、相手も安心して会話を終了できるでしょう。

スタンプだけ

LINEでの会話を終わらせたいときに、見られる行動の典型は、返信が「スタンプだけ」になること。

もう会話を続ける気がないので、とりあえずスタンプを打っているのでしょう。

スタンプ返信が続くようになったら、会話を終わる方向へと持っていくことが無難です。

無駄なスタンプの打ち合いにならないよう、相手からスタンプが送られてきた時点で既読スルーするのがベスト。

引き際が肝心

気になる男性とのLINEでは、「もっと話していたい」という気持ちになるかもしれません。

でも、ダラダラと連絡を続けることで、マイナスのイメージにつながってしまっては勿体ない!

彼からの返信を見て、会話を終了させるのも大事な判断。

自分の気持ちを汲んでくれる相手として認識される可能性もあります。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)