一緒にいるときに、ドキッとさせられたら、思わず意識してしまうもの。

今回は、男性が「この子好きかも」と感じた瞬間を、男性の実体験から紹介します。

気になる彼をドキッとさせて、恋愛に発展させましょう!

思わずドキッ!男性が「この人好きかも…」と自覚する瞬間とは?

喜んでくれたとき

「会社の後輩の女性をご飯に連れて行ったときに、めちゃくちゃ喜んでくれて、こっちまでうれしくなりました。

ご飯食べ終わった後も「ごちそうさまでした」って言ってくれたのも好印象。この子と付き合ったら楽しいだろうなって素直に感じましたね」(27歳男性/飲食)

気になる男性が、あなたのためになにかをしてくれたときには、わかりやすく素直に喜びを表現するといいでしょう。

嬉しそうにしている姿を見れば男性は安心できるし、「また喜ばせたい」という思いも湧き起こってくるもの。

あなたの喜ぶ顔が見たいという思いが、恋心に繋がるかもしれません。

また、お礼をしっかり言うのもポイントですよ!

助けてくれたとき

「仕事でミスをして焦っていたときに、そっと手を貸してくれた先輩女性。それ以来、彼女のことが気になって、好きになりました」(26歳男性/出版)

困っているときに手を差し伸べてくれる女性には、好感を抱いてしまうという意見が多く見られました。

ただ、男性のプライドを傷つけないように、さりげないフォローがベスト。

細やかな気遣いを見せてくれることにも、男性はグッと心をつかまれるはずですよ。

頼ってくれたとき

「自分のことを必要としてくれる女の子は、それだけで可愛らしく見えてしまいます。認めてもらえた感が嬉しいです」(30歳男性/メーカー)

女性から頼りにされたり、必要とされたりすると、嬉しいという声も聞かれました。

自分が「必要とされている」と感じることで、自信に繋がるようです。

また、素直に感謝の気持ちを伝えることで、「なにかしてあげたい」という気持ちを促せるかも。

甘えすぎるのはよくないですが、適度に頼るようにすると、男性の中にあなたのことを守りたいという気持ちが生じてくるでしょう。

一緒にいたいと感じたとき

「もっと色々と話したいなって感じたら、その女性に対して好意が芽生えてるんだと思います。一緒にいて楽しいという証拠でもありますね」(29歳男性/製造業)

「この子ともっと一緒にいたいな」と「この子のこと好きかも」と言う気持ちが直結すると言う声もありました。

だからこそ、気になる男性に対しては、「一緒にいると楽しい」とか「落ち着ける相手だな」と思ってもらうことが重要。

例えば、自分ばかりが話すのではなく、聞き手にまわるといいでしょう。

ふたりで楽しめる時間を過ごすように心がけると、きっとあなたへの好意はどんどん大きくなるはず。

まずはできることから始めよう

気になっている男性の心をつかみたいのなら、素直に気持ちを表現することが大切です。

恥ずかしがっていても、相手は自分の気持ちに気づいてはくれません。

少しずつでも、男性との信頼関係を深め、距離を縮めることが、好感を持ってもらう一番の近道ですよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)