幻滅ポイント

気になる男性との距離を縮めるために、ボディタッチを試みる方もいるでしょう。

しかし気を付けないと、かえって嫌われる原因になる可能性もあるようです。

今回は、男性に「やられるといやなボディタッチ」について聞いてみました。

アプローチの参考にしてみてくださいね。

心をつかむにはコツがいる!男性がいやがるボディタッチとは

やたらとベタベタ触る

「付き合っているわけでもないのに、やたらベタベタ触ってくる子は苦手ですね。

手をつないだり腕を組んだりは、彼女としたい。積極的な子は嫌いじゃないけど、ボディタッチはもう少し考えてほしいです」(25歳男性/メーカー)

ボディタッチは、ただ積極的に触ればいいわけではないようです。

いやらしさを感じさせないようなナチュラルさがポイント。

軽く肩を叩いたり、手に触れたりする程度にとどめられるといいですね。

力が強い

「女友達からのボディタッチがとにかく痛いんです!

『おはよう!』とか『今日元気ないじゃん?』って言いながら、本人は軽いタッチのつもりらしいけど、叩かれてる感じ。もうちょっと加減してほしいです」(21歳男性/大学生)

軽く叩いたつもりでも、思っているより強い力になっていることも。

意識して優しく、軽く触れるくらいがちょうどいいのかもしれません。

タイミングがばっちりでも、痛みを感じさせることでいやがられる可能性が高まりますよ。

周囲の目を気にしない

周囲の目を気にしない

「会社の先輩がやたらボディタッチしてきます。上司とかがたくさんいるところでも平気で頭をポンポンしてくるので、リアクションに困ってて……。

雑談のときならいいですけど、仕事で真剣なときはさすがに考えて欲しいなと思います」(24歳男性/メーカー)

いくら自然なボディタッチとはいえ、周りの状況を考えてほしいという人も。

周囲の目があるのとないのとでは印象が変わってくるよう。

周りの状況を確認しつつ、今やってもいいのか考えてからするようにしましょう。

ボディタッチを上手に使いこなそう♡

ボディタッチは、上手に試せば2人の距離を縮めるのに効果的です。

せっかくのチャンスを棒に振らないように、NGなボディタッチにならないよう気を付けましょう。

2人の距離を縮められるといいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)