好きだからこそお付き合いが成り立つものですが、言葉で彼の愛を確認したいときもありますよね。

彼氏が「好き」と言ってくれないことに不満や寂しさを感じている人は、きっと多いのではないでしょうか。

でも無理に好き発言を要求してしまうと、愛が冷める原因になりかねません。

今回は、大好きな彼に「好き」と言ってもらう方法をご紹介します。

言葉にしてほしい…大好きな彼に「好き」と言ってもらう方法4つ

あなたから言ってみる

好き好き言い過ぎるのは、言葉の重みがなくなるのでおすすめはしません。とはいえ、自分から愛情を言葉にしていくことも重要です。

男性は、愛を言葉にすることを「女々しい」「恥ずかしいこと」と認識しがち……。

だからこそ、自分から「〇〇くんのこと好きだよ」と素直に好きと言うと◎

愛情を言葉にすることは恥ずかしいことじゃないと示していくと、彼も言葉にしやすくなりますよ。

誘導する

愛情を確かめる行為は、深刻なトーンだと重たい雰囲気になりやすいものです。

男性は、重たい雰囲気が苦手。彼氏に好きだと発言させるなら、おふざけ半分で対応するのが◎

たとえば、彼氏に「カレー好きだよね?」と聞いて、「好き」と返してきたらチャンスです。

「じゃあラーメンは? お寿司は?」とテンポよく聞いて、最終的に「じゃあ私は?」とお茶目たっぷりに聞いてみてください。

ふざけた質問に、彼もつい流されて「好き」と言ってくれるかも……!

ふざけながら聞く

シャイな彼には、小悪魔っぽくふざけて聞くのもおすすめ。

「私のこと好き?」と上目遣いでかわいく聞いてくる彼女を邪険にあつかうことはできないはずです。

「私は〇〇くんのこと大好きだけど、どう思ってる?」「ねぇ『好き』って言って♡」と大胆に迫るのもアリ。

わざと演技っぽく聞くことで、深刻なトーンにならず楽しい雰囲気のなかで彼氏に好き発言をうながせますよ。

不安を伝える

あまりにも彼の気持ちが見えないと不安になってしまうこともありますよね。

そんなときは、無理せず素直に不安を伝えるのも大事です。

「最近あんまり会えてないし不安だな」と素直に伝えることで、不安に初めて気付き、愛情を言葉にしてくれるはずです。

ただ、不安をいつも伝えるのは重荷になりやすいので、3ヶ月~半年に一度くらいの頻度で伝えるのがベストですよ。

やっぱり好きと言われたい

筆者の彼氏も好きと言わないシャイなタイプ。

でも、そんな彼だからこそ、自分から素直に好きと言葉にして伝えていました。

するとだんだん、彼もふざけてではありますが、好きと言ってくれるようになりましたよ。

愛の言葉を求めるなら、素直に自分から言葉にしていくべきだと筆者は経験上断言します。

素直な行動で、オープンに気持ちを伝えられる関係を育んでいきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)