気になる彼と距離を縮めたいけど、勇気がでない……。

そういう女性は、結構多いもの。

できれば、日常のなかでさり気なく意識してもらえたら助かるのに。

そこで今回は、特別な努力なしで、気になる彼と「心の距離を近づける」コツを3つご紹介します。

努力は必要なし?気になる彼と「心の距離を近づける」コツ3つ

目が合ったら笑顔を見せる

「同僚に、よく目が合う子がいるんです。
しかも目が合ったら、毎回ニコッと笑顔を見せてくれるんですよ。
『今日も笑ってくれるかな?』なんて考えてるうちに、俺のほうが彼女を目で追うようになりました」(32歳男性/会社員)

好きな人と目が合ったら、思わず逸らしてしまう……という女性は多いかもしれません。

ただ、そこでプイっとそっぽを向くと、「脈なしか」と諦める男性も多いです。

相手との関係性にもよりますが、できればほほ笑んだり、会釈をしたりなど好意的なリアクションを取ったほうが◎。

慣れてきたら、手を振ったり、ひと言かけるなんていうのもいいかもしれませんね。

話しかけてみる

「同じ学科の子が、時々僕に話しかけてくれるんです。
初めは恋愛感情はほとんどなかったんですが、気づいたら気になる存在になっていって。
ついにこの間、僕から一緒に学食を食べる約束をしました」(21歳男性/大学生)

片思いをしていると、ついつい「守り」に入ってしまい、消極的になりがち。

すると相手との接点が持てず、思うように距離が縮まらないでしょう。

逆に少し勇気を出して話してみると、相手の新しい一面を知ることができますし、共通の話題もできていくでしょう。

そのうえ顔を合わせるほど親密度は増しやすくなります。

話しかけるのが苦手なら、まずは軽い挨拶からはじめてみるのも手ですよ。

共感する

共感する

「同じ部署の子とミーティングの準備をしてたとき、妙に話しやすくて。
なんでかなって思ったら、『あ、私も一緒!』『わかる、◯◯だよね~』みたいに共感してくれるからだと気づきました。

いままであまり話したことない子だったのに、これからも仲良くなれそうだなって思いました」(27歳男性/企画)

人は共感することで、「相手と私は同じ考えなんだ」と無意識に感じます。

そして、「私と同じ考えの人」=「私のことをわかってくれる人」と変わっていくもの。

つまり、共感を生むことができれば、自然と親近感もアップしていくのです。

やがて「好き」という感情が芽生えるかもしれません。

焦らずじっくり距離を縮めよう♡

片思い中に限らず、人間関係の基本はやっぱり「コミュニケーション」。

とはいえ、好きな人とコミュニケーションを取るのは、かなりハードルが高い……という人も多いですよね。

そんなときは、今回ご紹介したポイントを段階的に試してみて。

まずは笑顔ベースにして、焦らずじっくり心の距離を縮めていきましょう♡

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)