何回かデートもして、2人の関係はイイ感じ。……なのに、なかなか告白してもらえない。

こうした悩みを抱える女性は、少なくないようです。

いっそ自分から告白してしまったほうがいいのでは……?と思うこともあるでしょう。

ただ、そのままなにも対策せずに突っ込むのには、ちょっと勇気が必要。踏ん切りがつかないと思ったとしても、無理はありません。

そこで今回は、男性が「付き合おう」と思う決め手をご紹介します。ポイントを押さえて、確実な成功を目指しましょう!

あなたから「きっかけ」作ってみない?男性が告白する決め手になること

友人関係を尊重してくれること

「友達に紹介したときに、つんけんしたり、男同士の付き合いに、口をはさんでくる人とは付き合えないですね」(26歳男性/飲食)

女性が思う以上に、男性同士の友情は固いです。

付き合う彼女に対しても、友達の意見を重視する男性も、少なくありません。

彼の友人があなたのあら捜しをするとは限らないけど、彼の友達付き合いより自分を優先させたり、男同士で出かけることに不満げな態度を見せたりするのは危険。

自分の友人関係を邪魔する女性を『この子とと付き合うと、今まで通りの友だちつきあいができなくなる」と、本命候補から外す男性も多いのです。

距離感が適切かどうか

「いつもべったりしてたいって人とは合わないですね……。
ヒマなときは友達と会うとか、趣味に打ち込んだりとか、『自分の時間』を楽しく過ごせる人がいいです。気楽ですし」(29歳男性/)

よく聞く「俺がいないとダメな子じゃないと」は、彼に依存するという意味ではないことのほうが多いよう。

ベタベタしなくても、デートのときに素を出し、正直に接していれば……自然とあなた本来のかわいらしさが出て、そんなことは言われないもの。

「会えない間の出来事を楽しく話してくれると、会ってない間も自分のことを考えていてくれた気がしてうれしい」なんて声も。

好意を感じられるかどうか

「『自分に気がある?』と思えないと、まず告白はできません。でも逆にわかったらすぐに告白するかも」(25歳男性/自営業)

結局はこれみたいですよ。

どんなに素敵な女性でも、自分に対する好意を全然感じない女性に、一方的に熱を上げて告白してしまうような男性はそういません。

逆に考えれば、今はあなたに「結構いいかも」というレベルの好意しかないとしても、脈ありな空気を出すことで意識される対象になれるかも……!

好きバレを嫌う女性も多いですが、バレたほうが得なケースも大いにあるのです。

テンションが合うかどうか

「お茶するだけとか公園にいるだけでも楽しい子だと、『付き合っても大丈夫だ』と思えて、告白しようかなと思うんじゃないですかね」(31歳男性/役員)

ちょっといいな程度の女性ととりあえず付き合って、うまく行かないなら別れればよい。

そんな男性は、そう多くありません。

「きちんと落ち着いた付き合いをできる相手か」は、男性にとっても関心事です。

なので、デートでは自然と笑顔になれるような、楽しく過ごせる女性が高ポイント。

そうはいっても、下手にとりつくろわず、素を出して、笑顔を見せていれば大丈夫。

特別な準備は、必要ありません。

「安心感」を大切に

ただ好きなだけではなく、「この子と付き合ったら楽しそう・幸せそう」という予想が、男性の「ちゃんと付き合おう」という気持ちの後押しをします。

かわいい・やさしいだけじゃなく「安心感」も与えているか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)