気になる彼に好感度を上げようと思ってLINEを送ったのに、内容によっては逆に好感度を下げてしまうこともあるようです。

それってすごくもったいないですよね。

そこで今回は、よくあるシチュエーションごとに、気になる彼に送りたい「正解LINE」をご紹介します。

シチュエーションごとに解説!気になる彼に送りたい「正解LINE」

彼をデートに誘いたいときは…

女性から男性をデートに誘うLINEは、なかなか難しいものです。

自信満々に、「今度、デートしようよ」なんて上目線からのLINEには、若干の拒否反応を示してしまうのが男ってもの。

とは言っても、「今度デートしてくれますか?」と下手に出すぎるのも、好感度は良くても、完全に男性に主導権を握られてしまい、よくありません。

ここは、「○月○日、空いてる?この前話した美味しいお店、一緒に行きたいなと思って」くらいが、自然で好感度も高いでしょう。

また、美味しいお店のグルメネタや、カップルで行くと楽しいデートスポットを2人の会話で出しておいて、彼に頭のなかに自分とデートしたらどんな感じになるのかイメージを残しておくと良さそうです。

LINEを交換した後は…

合コンや飲み会で、意気投合してLINEを交換することってありますよね。

交換した相手の男性が素敵だった場合、自分からあいさつのLINEを送りたいと思うこともあるでしょう。

まず最初に送るタイミングは、「翌日のお昼くらい」にしましょう。

飲み会の当日は、もしかしたら男性から先にLINEがくる可能性があるので、ちょっと辛抱です。

どうしても、先に送ったほうが、恋愛の立ち位置としては、劣勢になってしまいますからね。

では、男性の好感度をあげるLINEですが、こんな雰囲気を参考にしてみてください。

「昨日は楽しかったです。ありがとうございます」これで満足するのは少し惜しいかも。

この「今日の感想&お礼」だけじゃパンチが弱いし、他のライバルとなんら差もつきません。

ここは、さらに「前向き」をプラスすること。

たとえば、「今日は楽しかったです。ありがとうございます。また飲みに行きましょうね」といったポジティブな言葉を付け足せばパーフェクト。

「また飲みに行きましょうね」は、前向きでありながら、「2人で」とまでは言ってないので、そこまで好意を押し付けすぎず、ちょうどいいでしょう。

デートをドタキャンするときは…

急なインフルエンザや、突然舞い込んできた仕事のせいで、デートをドタキャンしなければいけないことってたまにありますよね。

こんな100%自分に非があるときに、相手の好感度を落とさずにあやまるのは難しい印象かもしれません。

ポイントは、「ごめんなさい+残念な気持ち+変更日の提案」です。

「本当にごめんなさい。熱が出ちゃって行けなくなりました。楽しみにしてたから残念です。○日○日、以降で空いてる日あれば教えてください。」

こんな感じにLINEすれば、相手も本当に楽しみにしてたんだなと思ってくれるはずです。

ただ、「ごめんなさい。インフルにかかって、また、次回飲みましょう!」これだけだと、少しイラッとしてしまいます。

この日ための自分のプランだったり、楽しみの気持ちをあっさり断られちゃった……となるようです。

気持ちの伝え方1つで、印象は大きく変わってしまうので、気を付けましょう。

相手の気持ちを考えてLINEを送ってみて♡

男性目線に立ってみると、やはり、あっさりしている言葉足らずなLINEでは、好感度を下げてしまうようです。

できるだけ相手の気持ちを察して、丁寧にLINEを送ってみましょう。

それだけで好感度は跳ね上がりますよ。

(TETUYA/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)