デートもするしお泊まりもする。でも、告白はされていない……。

そんなグレーな関係になると、彼のことが好きな場合はたまりませんよね。

「遊びなの、それとも本気?」と不安になってしまうでしょう。

でも、彼の態度を見れば、あなたのことが本当に好きかはわかるようです。

そこで今回は、じつは男性が出している「本命のサイン」をご紹介します。

これってグレーな関係?じつは男性が出している「本命のサイン」

外でデートをしてくれる

忙しくても「仕事の後、飲みに行かない?」とか「レイトショー観に行かない?」などと、食事や映画に誘ってくれるのなら、体だけの関係ではないでしょう。

あなたのことを都合のいい女と思っている場合、わざわざ外で会うのではなく、「今日の夜、俺の家きてよ」と家に誘って関係を持ってバイバイしようとするもの。

体目的ではなく、忙しくてもあなたとデートをするのが目的なら、彼の気持ちは疑わなくていいかもしれませんよ。

ほぼ毎日連絡する

告白はないけど、定期的にデートをして、体の関係だけでなくほぼ毎日LINEのやり取りがある。

しかもあなたのLINEに「うん」「そうなんだ」「わかった」などテキトーな相づちでなく、彼からも質問してきたり今後の予定を聞いてきてくれたり、お互いのプライベートに触れる内容なら、好意はあるでしょう。

遊びの相手に、そこまでする男性ってそういませんから。

ほぼ毎日ではなくとも、週に1回はLINEをするのなら、グレーでも「限りなく彼女に近い存在」だといえるでしょう。

不機嫌な姿を見せると焦る

あなたの機嫌が悪くなった際、放置ではなく、ちょっと焦ってご機嫌取りをしてくれるのなら、グレーといえど好意があります。

たとえば、忙しくてあまり会えずあなたが拗ねはじめたときに、仕事の後に家まで会いに来てくれるとか、彼の何気ない一言でイライラしてしまったときに慌ててフォローしてくれたりとか。

好きな相手はやっぱり傷つけたくないもの。

あなたの機嫌に敏感なら遊びとは言えないでしょう。

他の男性の話を聞いて嫉妬する

彼がちょっと嫉妬してくるのなら、好きな気持ちがあるのでしょう。

たとえば、あなたが休日友達と出かけて、後日彼と会った時に彼が「誰と出かけてたの?男?」「どういう関係?」など探ってきて、ちょっと嫉妬するような口ぶりなら取られたくないのかもしれません。

本当は「告白したいけどタイミングを逃して言えない」「今は彼女じゃなくても、他の男には取られたくない」という心境があったりします。

彼が男の影を気にするようであれば、ほとんどの場合、あなたに好意的だといえます。

お互いの認識をすり合わせた方がいいのかも

どちらかといえば、「付き合おう」という言葉を求めるのは女性のほう。

もしかすると、あなたがグレーだと思っているだけで、彼のなかではもう付き合っている、なんてこともありえます。

彼との関係に不安があるのなら、思い切って関係をはっきりさせたほうが、次に進める可能性大ですよ。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)