「自分には不倫なんて無関係」だと思っていても、気づかぬうちに足を踏み入れているかもしれません。

既婚者だということを隠して近づいてくる男性は、意外と多いようです。

そこで今回は、「不倫したい男性が送ってくるLINE」をご紹介します。

ヤバい男性をしっかり見極めましょう。

既婚者かも…「不倫したい男性が送ってくるLINE」3選

プライベートな情報を隠す

「友達の結婚パーティーで連絡先を交換した人が、仕事も住んでいるところも、なんとなくしか答えてくれなくて。とにかく『仕事終わりに飲みに行こう』って誘ってくるばかりでした。

変だなって思ってたんですけど、奥さんと子どもと手をつないで歩いているのを地元のショッピングモールで見ちゃって……。既婚者だったから、身元がバレる質問には答えてくれなかったんだってわかりましたね」(24歳/IT関連)

不倫に走る男性がとるわかりやすい言動が、身元を隠す行為です。

真面目に恋愛をする気があるのなら、あなたからの質問には誠意を持って答えるはずです。

はぐらかされることが多いと感じたなら、彼はあなたになにかを隠しているかもしれません。

「寂しい」アピールをしてくる

「同じビルに勤めている男性と、エレベーターでよく会い、仲良くなりました。『また明日もLINEしていい?』とか言ってきて連絡はすごくマメで。

そんなある日、彼に子どもが生まれたって彼の同僚たちから聞いてしまってビビりました。出産で奥さんがいない間の話し相手にされていただけだと知り、ドン引きでしたね……」(25歳/企画職)

出産や出張など、奥さんがいないときを狙って不倫に走る男性もいます。

家に帰っても監視の目がないことや、話し相手がいないことから、連絡はマメになるのだとか。

LINEの内容をしっかり見て、自分の寂しさを埋めるための一方的な文章になっていないかチェックしましょう。

平日だけ誘ってくる

「合コンで出会った人だったんですが、なぜか『平日ヒマな日ない?』ってLINEで聞いてくるんです。お互いに土日が休みだって話していたのに、誘ってくるのはいつも平日ばかり……土日はなかなか連絡もつかない。

調べてみたら、奥さんと写っている写真をSNSで発見したんです。そのままブロックしてフェードアウトしました」(23歳/営業事務)

「平日で都合のいい日教えて!」というのは「土日は家族サービスで忙しいから、平日しか会えない!」という意味かもしれません。

平日限定や、仕事終わり限定など、何かと時間に制限がある雰囲気を感じたら、要注意です。

「きっと仕事が忙しいんだ」と思いこまず、相手の本質を見極めましょう。

違和感をスルーしないで

隠しごとをしながら近づいてくる男性には、どこか違和感を抱くはず。

その違和感がたとえどんなに小さくてもスルーせず、掘り下げてみましょう。

もしかしたらショッキングな事実が発覚するかもしれませんが、知らないうちに不倫関係に陥るよりはいいでしょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)