結婚生活が長くなってくると、気持ちがマンネリしてしまうのは避けられないのかもしれませんね。

しかし仲良し夫婦は、お互いに惚れ直し合いながらずっとラブラブに過ごしているよう。

今回は、既婚男性に「妻に惚れ直した瞬間」を聞いてみました。

ずっと仲良く過ごしたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

男性に聞いた♡「妻と結婚してよかった」と感じた瞬間

バッチリメイクの姿を見たとき

「妻が同窓会に行く日に、『行ってくるね』と声を掛けられ、顔を見たんです。

いつになくメイクがバッチリ決まってて……。普段はナチュラルメイクなので、ちょっとドキッとしました。と同時に、なんとなく心配にもなりましたね」(36歳男性/管理)

結婚生活が長くなると、毎日バッチリメイクの姿を見せることは少なくなるでしょう。

そんなときに見るバッチリメイクには、グッとくるものがあるのだとか。

美しく聞かざる姿を見て心配になることもあるようですよ。

泣いているのを見たとき

「妻と何気なくドキュメンタリー風な家族の物語の番組を見たいたんです。妻の家庭もちょっと複雑で、そのことを重ね合わせたようで……。

気付くと泣いているんです。俺がしっかり支えてあげなきゃ……と改めて思いましたね」(38歳男性/メーカー)

女性の涙に弱い男性は多いようです。

「俺が支えてあげないと」と正義感が働くのでしょう。

ただあまりにも涙を見せすぎると免疫がつくので、ここぞというタイミング以外は控えるようにしましょう。

無邪気にはしゃいでいたとき

「妻と大型ショッピングモールに買いものに行ったとき、ペットショップがあったので寄ってみたんです。

そこに子犬がいっぱいいて、妻が『かわいい~』とテンションを上げていました。無邪気にはしゃぐ姿を見て、犬よりこっちのがかわいいよと思ってました」(33歳男性/教育)

年齢を重ねるたび、無邪気にはしゃぐ機会は少なくなっていくでしょう。

だからこそ、たまに見せる無邪気な姿にときめく男性が多いのだとか。

かわいらしい様子には、目が離せなくなるようですよ。

夜食を作ってくれたとき

「仕事の関係で、試験を受けなければいけないときがありました。それで一時期、深夜まで勉強していたんです。

妻が『お疲れ』と言って、夜食を持って来てくれました。寝てると思っていたので、ビックリ!いっそうやる気が出ましたね」(36歳男性/保険)

夫婦だからこそ見せられる気遣いかもしれませんね。

さりげない心配りに触れると、結婚してよかったと感じるという男性も。

「この人のために頑張ろう」と思ってもらえると、さらに夫婦の仲が深まるはずですよ。

感謝し合える関係に

慣れが生じたときこそ、改めて初心を思い出すような出来事が必要なのかもしれませんね。

「結婚してよかった」と思い合えると、2人の信頼性も高まっていくはず。

たまには彼をときめかせる行動を意識してみましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)