好きな人ができると、相手が自分のことをどう思っているのか、気になるところだと思います。

場合によっては、相手からのハッキリとしたアプローチがなく、モヤモヤしてしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は星座から、男性が「ベタぼれなとき」に出すサインをご紹介します。

前編に引き続き、後編では、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)のご紹介です。

【後編】星座別・男性が「ベタぼれなとき」に出すサイン

てんびん座(9/23~10/23)

やわらかい風の性質を持つてんびん座の男性。

人と付き合うのが上手で、友達が多いのが特徴です。

そのため、待ち合わせ場所に行ったら、なぜか彼の友達も一緒…ということもあるでしょう。

でもじつは、これが「ベタぼれのサイン」。

いろんな友達に紹介しまくりたいくらいに「ベタぼれ状態」なので、大目に見てあげて。

さそり座(10/24~11/21)

水の性質のさそり座の男性は、感受性が強い傾向にあります。

初対面から打ち解けることは少なく、心を開くまで時間がかかることも多いようですね。

そんな彼から愚痴や不満の言葉を聞いたら、「暗いな」「めんどくさいタイプ?」などと思わないで。

じつは、それが「ベタぼれのサイン」。心から打ち解け大好きな人だから、心の奥を見せているのです。

いて座(11/22~12/21)

直情的な火の性質を持ついて座の男性は、ベタぼれな女性だからこそ張り合ったり、見栄を張ったりすることが多くなりがち。

「俺のほうがスゴくない?」とか「こっちはもっと大変だった」なんて言葉が多いのは、「ベタぼれのサイン」発動中だからと言えます。

「すごいね」「尊敬するよ」と言ってあげると、喜ぶでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

どっしりと落ち着いた土の性質を持つやぎ座の男性。

デートに誘ったりメールの返事をするのが「ベタぼれのサイン」です。

一見「当たり前」の行動に感じられるかもしれませんが、やぎ座の男性は、無駄と感じることには時間もお金も使いません。

ちょっと好きなくらいでは動かず、ベタぼれだからこそデートもメールもするのです。

みずがめ座(1/20~2/18)

どこまでも自由な、風の性質を持つみずがめ座の男性。

自由気ままで束縛を嫌うため、メッセージやLINEなどの返事もしたりしなかったりと、その時々の気分次第。

気まぐれで、「ベタぼれのサイン」もわかりにくいでしょう。

ただ、別れ際にさっさと帰らず「送るよ」と気づかいを見せてくれたら、それがサイン。

ベタぼれだからこそ、一緒いたいのです。

うお座(2/19~3/20)

愛にあふれる、水の性質を持つうお座の男性。

基本的に優しいのですが、とくに「どう思う?」と意見を聞かれることが増えたら、それが「ベタぼれのサイン」。

何かに迷っている優柔不断な姿を、好きな女性には見せたくないため、意見を聞いてカモフラージュしているのです。

気になる彼の心理は…

彼がひそかに出しているベタぼれサインがわかれば、彼との距離もスムーズに縮められるはず。

今回ご紹介した内容を参考に、気になる男性の好意を探ってみてくださいね。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)