気になる彼とデートができても、次のお誘いが来ないと不安になってしまいますよね。

彼が誘ってくれないのには、どんな理由があるのでしょうか?

今回は、なかでも男性が「デートで幻滅した」NG言動についてご紹介します。

食事マナーに気になる箇所がある

受け身すぎる

「いい子なのは分かるんだけど、受け答えが全部無難すぎて……。
もうちょっと自分の気持ちとか伝えてほしかったです」(25歳男性/公務員)

初デートで「NG行動を取らないように」と意識しすぎるあまり、会話に面白みがなくなることがあります。

守りの姿勢に入るとどうしても受け身になり、反応もイマイチになってしまいがち。

初デートで会話が大変に感じると、「この子と付き合ったらずっと会話を頑張らないといけない」と連想してしまうみたいですよ。

その場を楽しむ、会話を繋げようとする、相手を知ろうとする、といった反応をしたほうがデートが充実するでしょう。

会計時に財布すら出さない

「一緒に焼き肉に行って『よく高いものを注文するなぁ』と思っていたら、会計時に財布すら出さなかったんですよね。
払うつもりでしたけど、堂々としすぎて引きました……」(30歳男性/営業)

初デートでは奢ってくれる男性が多いですよね。

しかし、まだ深い仲ではない相手に奢ってもらうときには、慎重になったほうがベター。

こちらの男性が話しているように、財布を出さなかったり高い注文を繰り返すと、悪い印象を与えるかもしれません。

また、「お礼を言わない」「サラッとお礼を言って切り替えてしまう」なども男性から不評のようです。

会計では財布を出して支払おうとする様子を見せ、奢ったり多く支払ってくれた際には丁寧にお礼を伝えましょう。

支払おうとする男性を無理に遮る必要はありませんよ。

食事マナーに気になる箇所がある

次はないな…男性が「デートで幻滅した」NG言動とは?

「気になってた子とデートに行ったんですが、食べるときに前のめりになってて……。
『犬食い』する女性ってどうしても苦手なんですよね」(30歳男性/講師)

こちらは男女共通で気を付けたい項目。

マナーを大切にするタイプの人は、食事する際にも最低限のマナーを求めるもの。

営業や接客などのマナーを気にする職業の人は、日ごろから頑張っているからこそマナーに厳しくなってしまう心理があるようです。

とくに気を付けたいのが食事中のマナー。

お付き合いが始めると、何度も食事を共にするはず。

ですから食べ方が汚かったり、クチャクチャと音を立てて食べたりすると、今後の付き合いをネガティブに捉える男性もいるみたい。

ネガティブ発言ばかり

「知らない会社の同僚の話とかゴシップネタとか、せっかくのデートなのに興味のない話題ばかりでしんどかったです」(26歳男性/アパレル)

活発で行動力のある男性ほど、こうした噂話・愚痴・不満・批判などの話が好きではない傾向があります。

というのも、自分が充実していると他人事への関心が薄れていくとか。

日々前向きに仕事やプライベートを頑張っている男性にとって、退屈に感じるだけなのでしょう。

反対に活き活きとした女性と話していると、良い刺激になるとともに、キラキラして「魅力的だな」と感じるそう。

辛いことがあったら、彼氏に相談するのはOK。

ですが、付き合う前のデートでネガティブな話題を出しすぎるのは注意しましょう。

できるだけ好印象を残そう♡

デートでの印象は、長く残り続けるもの。

今回はNG行動について取り上げましたが、良い行動を取ればとるほど、恋愛にプラスに働くメリットもあるのです。

NG行動を取らないように気を付けることも効果的ですが、ある程度慣れてきたら今度は楽しむことが大切。

一緒にいる時間が楽しいと、シンプルに「付き合いたい」と思えるようになります。

配慮しつつも、目の前の瞬間を全力で楽しみましょう。

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)