男性のなかには、なんでも奥さん任せにする「ダメ夫」がいます。

恋人や気になる男性に、その素質があるかどうかは、結婚前に見抜いておきたいものですよね。

そこで今回は、「ダメ夫予備軍」の特徴を3つご紹介します。

こんなはずじゃ…「ダメ夫予備軍」の特徴3つ

あまりにも整理整頓が苦手

「当時付き合っていた彼の家に行ったのですが、トイレットペーパーの芯が大量に放置されていた。
そのほかにも飲みかけのペットボトルやお酒が散乱……。

たぶん実家にいたときは、お母さんが処理してくれていたんだろうな。
結婚したら今度は私がお母さんがわりになるのかと思い、ゾッとしましたね」(28歳女性/福祉)

散らかっているものを整理するなど、ちょっとした作業ができない男性もよくいます。

そんな男性は、外ではいい格好をしていても、家ではなにもしない「ダメ夫」になるかもしれません。

結婚したら、家の片づけはすべて1人でやらなきゃいけない……そんな覚悟がいるかもしれません。

面倒ごとを彼女任せにする

「旦那は私の買い物に付き合ってはくれるんだけど、いつも帰りたそうにしていたんです。
それで結婚してみてわかったけれど、旦那はイヤなことから逃げるタイプ。
結婚式から新婚旅行まで、面倒な準備はほぼ私がしました……」(33歳女性/パート)

たしかに女性の買い物に付き合うことを、退屈に感じる男性もいるでしょう。

ただそのときの態度で、彼の忍耐強さやガマン強さが分かります。

結婚をしたら、必要な手続きや、子育てなど、大変なことや面倒ごとを一緒に乗り越えていく必要がありますよね。

そこで買い物にすら付き合えない男性が、さまざまな困難を乗り越えられるでしょうか。

きっと面倒なことはすべて妻に押し付けてくる「ダメ夫」になる可能性が高いでしょう。

やたらマウントを取ってくる

やたらマウントを取ってくる

「彼は交際前からおごってくれる人でした。
そこはやさしくて素敵だと思ったのですが、毎回『俺がおごった』とか『○○ちゃんの給料じゃコレ食べられないでしょ(笑)』とマウントをとってくる感じだったんです。
これはモラハラ気質だと思い、だんだんとフェードアウトしました」(27歳女性/通信)

結婚後、男性側のお給料でやり繰りをする家庭もあると思います。

そんなときにイチイチお金でマウントを取られていたら、毎日、夫に遠慮して生活することになってしまいます。

たとえ高収入だったとしても、ストレスが溜まる息苦しい日々になるかもしれません。

男性側にある程度の収入は必要ですが、それ以上に「心の余裕」があるかは、結婚するうえで重要なポイントです。

早いうちに見極めるのが吉!

「ダメ夫」になる男性は、もとからその素質を持っています。

だからこそ、お付き合いの初期の段階できちんと見極めることが大切です。

恋愛感情だけで関係を続けるのではなく、「彼と結婚したらどんな生活になるのかな?」と考えながらデートしてみて。

現実的なシミュレーションをすることで、結婚後の「こんなはずじゃなかった」が防げるはずですよ。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)