どんなに好きでも、一瞬にして恋心が冷めちゃう男性がいます。

でも恋心が冷めきる前に、いくつかの危険信号を出しているケースもあるよう。

最悪の展開を避けるためにも、その「恋心が冷めてきた前兆」についてご紹介します。

早めのリカバリーを…男性の「恋心が冷めてきた」前兆とは?

近況を知ろうとしなくなる

男性は好きな女性ができると、その女性のことがとにかく気になると同時に心配にもなります。

そのため「なにか困ってないかな?」とか「他に男が近寄ってきたりしていないかな?」などと、相手の「いま」が気になって仕方なくなることも多いよう。

一方、気にかける様子がなくなったり、不安を口にしても、心配も手助けもしてくれなくなったのなら、気持ちが冷めてきている証拠といえるでしょう。

会話を広げようとしない

自分からは全く話をしてくれないような男性は、そもそも会話をする気がないのかも。

ただ「聞き役になってくれる」のと「聞き役にしかならない」のでは、似ているように見えて大きく意味合いが変わってきます。

その差は「話を広げよう」としているかどうか。

していないのなら、興味関心が薄れてきている可能性大です。

「忙しいから」と何度もデートを断る

「忙しいから」と何度もデートを断る

声をかけても「忙しい」と言われることが増えた場合は、要注意かもしれません。

気になる女性からのお誘いであれば、なんとかして時間を作ったり、埋め合わせの時間を提案してきたりするもの。

そういった素振りが一切なく、「忙しい」のひと言で終わりにするのは、断りのサインなのでしょう。

LINEのスルーが増える

気になっている女性からLINEが送られてきたら単純にうれしいので、男性もすぐに返信しようと思うはずです。

仕事中などでどうしても返事ができない場合であっても、「あとで返事するね」と、ひと言だけでも返したりすることもあるかも。

もしくは、「ごめん!仕事中で返せなかった」と、あとから謝罪をしてくれるパターンもあるでしょう。

こんなふうに埋め合わせしようとする気配がなく、いつも数時間後や数日後にちょろっと返事が来るだけの場合。

そんなときは、そもそもLINEをする気が失せているのかもしれません。

そのままにしておくのは危険かも…

今回紹介したような言動が見られた場合には、彼女への興味が失われてきているのかもしれません。

そのままの状態にしておくと、恋愛を続けることは難しくなってしまうでしょう。

関係を続けるためには、早めのリカバリーをするのが大事ですよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)