LINEは便利な連絡手段。恋愛においても、相手とのコミュニケーションでは欠かせないものではないでしょうか。

しかし、使い方を一歩間違えると、相手の気持ちを冷ますこともあるのです。

そこで今回は、男性たちが「ドン引き」してしまったNGなLINEをご紹介。

いい相手と巡り合えない……なんて悩みを持っている人は、もしかしたらこういったLINEが原因かもしれません……。

男性に聞いた「思わずドン引きした」LINEとは?

毎日欠かさず来る「あいさつ」

「飲み会で知り合った女性と、なんとなくの流れでLINE交換したんです。
別に気があったわけでもなんでもなかったので、僕からはとくに連絡することもなかったんですけど。

しばらくすると毎朝・晩に『おはよう』と『おやすみ』のLINEが送られてきてれ、だんだん怖くなりましたね。
今はブロックしたので、もう来ないですけど……」(26歳男性/鍼灸師)

彼女ならまだしも、付き合ってもいないのに毎日の「おはよう・おやすみ」LINEを送るのはNG。

男性に恐怖を感じさせてしまう可能性もあります。

付き合っていないうちは、一方的なあいさつLINEは避けておきましょう。

写真につっこむ

「ある日、会社の飲み会に参加することになり、そのときちょうどLINEをしていた女友だちに写真を送ったんです。

すると、『お店の窓ガラスに女の人が写ってるけど、今日はそういう飲み会なの?』とすぐに返信が。どこまで見てるんだよと、恐怖を覚えた瞬間でした」(27歳男性/SE)

女性からの束縛は、男性にとってネガティブな要素しかないもの。

このケースのように飲み会の写真が送られてきても、あまり突っ込んだ質問はしないのが吉。LINEではなく直接質問するほうがまだマシでしょう。

また、彼に写真を送るよう要求するのも避けましょう。

頻繁に自撮りを送る

「新入社員の女の子と連絡先を交換したのですが、翌日届いたLINEに彼女の自撮り写真。
しばらくスルーしていたのですが、その後も毎日のように送られてくるんです。だんだん怖くなっちゃって……。

人伝いにその女性が僕に好意を抱いてくれていることがわかったのですが、その事実を聞いて、恐怖心がよけいに増したのを覚えています」(30歳男性/広告)

彼氏でもない男性に対して、自撮り写真を送信するのは基本的にやめておいたほうがいいのかも。

自分のことをもっと知ってもらいたいという思いで送るのかもしれません。

しかし、「毎日」送られてくる自撮り写真に理解を示してくれる男性は極めて少数だと思ったほうがいいでしょう。

このケース、男女逆でも怖いはずです。

相手の気持ちを考えてみよう

この記事を参考に、自分が男性に送信した過去のLINEを一度見返してみてください。

男性からの返信と照らし合わせて、相手が引いているような雰囲気を感じた場合は、もしかしたらLINEに原因があるのかも。

男性を怖がらせないよう、LINEを送るペースや文章などに気をつければ、すぐに運命の相手が見つかるかもしれません。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)