付き合う前の両思いの時期には、そこでしか味わえないドキドキを楽しめるでしょう。

さらに2人の関係を盛り上げるためのテクニックがあるようです。

今回は、交際前の男性をドキドキさせる一言を紹介します。

付き合う前の両思い期間に♡男性をドキドキさせる一言

「○○行くなら誘ってね」

デートを誘うにしても誘われるにしても、「あなたと行きたい」という思いが伝わってきたらうれしく感じる人が多いでしょう。

いい感じの彼には、「○○行くなら誘ってね?」と、少し強引さをアピールしてみてもいいかもしれません。

彼が「あのカフェ行きたいな~」などと言ったときには、「私も!ほかの人と行っちゃだめだからね?」と伝えるのもあり。

お互いに、付き合う前の両思いの時期だからこその楽しさを味わえるはずですよ。

「頼りになるね」

男性は、自分が女性からどれだけ信頼されているかで今後うまくいくかどうかを判断する人もいるよう。

「○○くんは頼りになるね」や「いつも助けてくれるから安心しちゃう」などと言われると、自信につながるのだとか。

自信が積み重なっていくと、告白をする勇気を出せることもあるそうです。

彼を信頼していることをアピールできるといいですね。

「一緒にいると落ち着く」

恋はドキドキするもので、その感情も楽しいと感じる人が多いでしょう。

さらに愛が深まると、ドキドキだけではなく安心感も生まれてくることも。

一緒にいてリラックスできる相手には、そう簡単に出会えないはず。

「○○くんと一緒にいると落ち着く」と伝えると、彼は自分自身の価値に気付くかもしれません。

何度かデートをし、距離が縮まったころに使ってみましょう。

「つらいときは言ってね」

男性は基本的に、女性に対して弱っている姿を見せるのに抵抗がある人が多いです。

つらいことや悩みがあっても、自分からは言いづらいことも。

そんなときに「つらいときには言ってね」や「なにかあった?」などと言われると、その優しさに甘えたくなるよう。

付き合う前のいい関係だからこそ、さらに距離が縮まるきっかけになるかもしれませんね。

もっともっと楽しもう

付き合う前の両思いの関係は、付き合うことがゴールだと思いがちですか、そうとはかぎらないようです。

その段階だからこそできる、愛の深め方があるのだとか。

お互いを思いやる気持ちを大切にし、さらに距離を縮めていけるといいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)