カップルの間では、LINEでのコミュニケーションが重要です。

ただ、LINEが得意ではない人もいますよね。もしあなたの彼がそんなタイプだとしたら、どうやって楽しく会話をするでしょうか。

もしうまくコミュニケーションを図れたら、2人の距離はもっと縮まるはず。

そこで今回は「長続きするカップルのLINEの特徴」を紹介します。

【LINEテク】大好きな彼との関係を長続きさせるために大切なポイントとは?

あいさつはできるだけすること

お互い社会人で、週1で会えるかどうかというカップルの場合。仕事の忙しさに追われてしまって、彼のことを考えずに1日が終わってしまうこともあるでしょう。

そんなふたりが毎日こまめに雑談や他愛もない話の連絡を取り合うことは、必ずしもベストなやり取りではないはずです。

なので毎朝の「おはよう」や寝る前の「今日もお疲れさま!おやすみ」のやり取りだけでもできると、忙しいふたりでもお互いの存在を感じることができるでしょう。

相手が好きそうな話題を振ること

しょっちゅう連絡を取り合わなくてもいいけど、何となく寂しくなったり彼に会いたくなって連絡したくなったりするときもあるでしょう。

そんなときは彼氏の好きなものや趣味、ウケそうな話題を探して送ってみるのもひとつの手かもしれません。

ラーメンが好きな彼には「こないだ美味しそうなラーメンや見つけたから入ってみたよ!」と写真を送ったり、まんがが好きな彼には「こないだ〇〇が好きって言ってた本の新刊出てたよね?今度貸してー!」と送ってみたり。身近なところに話題は転がっています。

ぜひ日常に目を光らせて、彼氏にメッセージを送ってみてくださいね。

質問ばかりにしないこと

あまり質問しすぎるのは、かえって逆効果になってしまうこともあります。しかしひとつのフックとして、質問形のメッセージは効果的でしょう。

何気ない会話のやり取りや他愛ない内容のやり取りが苦手な彼でも、質問されたら返してくれるはず。そこから、やり取りが生まれるでしょう。

「今度の土曜日のデート、どこに行こっか?」「この映画の予告編すごく面白そうなんだけど、今度観に行かない?」「いま〇〇ちゃんと遊んでるんだけど、おすすめの店ある?」

これらのように、簡単な質問で大丈夫。やり取りをしながら、お互い早く会いたいという気持ちになっていけるでしょう。

お互いに心地よいリズムを大切に

毎日やり取りをするカップルが長続きするとは限りません。大事なのは、できる限りお互いが無理をしないことです。

何かをやらなければならないと義務化したり相手に気を遣って送りたいメッセージが送れなかったりする、といった関係になってしまうとお互い苦しくなってしまいますよね。

ふたりが一番心地よいリズムでやり取りができる内容やタイミングを、ぜひ探してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)