好きな人とのLINEの時間は楽しいもの。

可能であれば何時間でもやり取りをつづけたくなってしまいたいという気持ちになることでしょう。

でもそんな気持ちとは裏腹、どうやってLINEをつづければよいのかわからないと悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、好きな人とのLINEを「できるだけ楽しく続けるための秘訣」をご紹介します。

もっと仲良くなれる!好きな人とのLINEを「楽しく続ける」秘訣

共通点から話を広げよう

たとえばお互いにマンガが好きなら、「最近、何のマンガ読んだ?」と聞いてみたり「このマンガ、おすすめだよ!」と自分が好きな作品を紹介してみたり……。

ふたりとも甘いものが好きなら、「あのカフェのパンケーキ知ってる?すっごくおいしかったから、今度いっしょに食べに行こうよ」と会話を展開できるでしょう。

好きなことの話は自然に盛り上がりますし、話も尽きないですよね。

さらに共通点をアピールすることで親近感がわき、関係が一歩深まるはずです。

「彼との共通点がまだ見つかっていない」という人は、まずは彼の好きなものや趣味、休日の過ごし方を聞き出して、お互いの共通点を探ってみましょう。

ひとつでも見つかれば、それをきっかけに一気に会話がはずむなんてことがあるかもしれません。

リアクションは少しオーバーに

LINEのやり取りでは、文面しか見えません。あなたの表情や声のトーンがわからないため、本心が伝わりきらないケースも多くあります。

それを防ぐために有効なのが、オーバーリアクション。

自分でもちょっぴり大げさだな、と感じるぐらいのリアクションを心がけるのがよいでしょう。

それによって、「ちゃんと話を聞いてくれているんだな」と感じさせることがポイントなのです。

熱心に話を聞いてもらえるとわかれば、相手はたくさん話してくれるようになるでしょう。

ほかにも、スタンプや絵文字も効果的。上手に活用すれば、お互いの会話のキャッチボールがもっとスムーズに、そして楽しいものになるはずです。

まずはこちらが心を開くこと

あなたは相手にどれだけ、自分のことを話せているでしょうか。

やり取りがはずまないのは、お互いに本音を見せていないからかもしれません。

たとえばいましていることや明日すること、仕事の愚痴、将来のビジョンなどをLINEで伝えてみましょう。

ちょっとしたことでも「自分についての情報」を伝えていくことで、お互いの本音が言い合える関係になっていくはず。

自分が心を開けば、相手も心を開いてくれます。

仕事で悩んでいるという相談や、将来の目標などを話してくれるかもしれません。

本音でのやりとりは気楽ですし、会話がはずむはず。ふたりの距離も一気に近づくでしょう。

好きな人とのLINEを楽しんで

好きな人と楽しくLINEをつづけるために、今回紹介した3つの秘訣をぜひ実践してみてください。

これらのポイントを押さえれば、お互いに自然体で話がはずみ、距離も一気に縮まるはず。

難しく考えず、気軽な気持ちでLINEを楽しめるとよいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)