せっかく付き合っても、ダメ恋ばかり……。

好きな人に、雑な扱いをされる……。

そんなことが続くと、恋に憶病になってしまいますよね。

そこで今回は、男性に「大事にされない」理由を3つご紹介します。

これを避ければ、ずっと大事にされる女性に変貌を遂げるかもしれません♡

原因はコレ!男性に「大事にされない」理由3つ

本音を押し殺すから

「本当は会いたいけど、疲れてるでしょ?私は大丈夫」

忙しい彼に、つい言いがちなセリフです。

このセリフを聞いた彼は、やさしい彼女の気遣いに感動しそうなものです。

ただ意外と、疲れているときの男性は「あ、そう?平気ならいいか」と言葉通りに受け取ってしまうことも。

疲れた男性の多くは、彼女の心配りや、言葉の裏の意味までくみ取る余裕はありません。

そして、そのうち忙しくなくなっても「別に会いにいかなくてもいいか」とテンションが下がっていくことも……。

彼が1人でリラックスする時間や、友達と過ごす時間を楽しんでいるうちに、彼女の優先順位がどんどん下がってしまうでしょう。

予定が好きな人中心だから

「彼との予定は、なによりも優先!」なのもイマイチ。

たとえば友達との約束を入れていた休日に、彼から「やっぱり会えそうかも」と連絡が入って場合。

そこで友達の約束をキャンセルしてまで会いに行くのは、考えもの。

これでは、「会いたくなったときに連絡すればOK」と男性が思っても仕方ありません。

また自分と会うために、人との約束をドタキャンする女性を、「信用できない」と思う男性も多いです。

彼女にも予定があるとわかれば、「彼女に会いたければ、前もって約束しないとダメなんだ」と彼は思うはず。

その日は会えなくても、長い目で見れば、むしろ彼のなかでの優先順位が上がるのです。

なにを考えているか分からないから

なにを考えているか分からない

生活の中で、恋愛の優先順位がいつでも1番!という男性は少ないもの。

それどころか、関係が安定していると判断すれば、頭のなかから恋愛が抜け落ちることもあるみたい。

ですから彼女からなにか彼に要求しなければ、彼女のことを優先的に考えにくくなる傾向があります。

つまり「会いたい」「連絡がほしい」など具体的な要求をしていなければ、彼は「好き」を態度で示してくれない可能性があるのです。

ここで「察してほしい」と考えていると、男性は「なにを考えているか分からない」と悩んでしまうのだとか。

それが積み重なった結果、他の女性に目移りする原因になってしまうのです。

気持ちを抑えすぎないのが吉

どんなケースにも共通している点は、女性が自分の気持ちを抑えすぎてしまうこと。

彼の顔色をずっとうかがい続ければ、彼の気持ちは冷め、最終的には別れを選びかねません。

男性には女性のお願いをかなえてあげたい願望もあります。

遠慮をやめて素直になってみると、いままでより大事にしてもらえるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)