今の時代、生活にLINEが欠かせないですよね。

それくらい身近にあるものだからこそ、LINEをうまく使いこなせるかどうかで恋愛の良し悪しが決まると言っても過言ではないのです。

そこで今回は、男性の気持ちが冷める「NGなLINE」をご紹介します。

ドン引きなんだけど!男性の気持ちが冷める「NGなLINE」5選

無理やり会話を続ける

ずっとLINEで会話を続けるのって結構難しいですよね。

1つの話題が終わっても、ダラダラとメッセージが続くという経験をしたことがある人もいると思います。

男性も「この会話って必要かな?」「それ本当に興味ある?」と思ってしまうのでしょう。

必要な時に必要な会話をしたいというのが男性心理ですので、無理に会話を続けようとしなくて大丈夫です。

返事が一言だけ

たとえば「うん」とか「そうだね」などの一言だけの返事を送られると、どう返事をすればいいか迷う男性は多いようです。

それを言われた瞬間、今度は自分が話題を考えなきゃいけないと思って負担に感じてしまうのかも。

とくにお付き合いが始まったばかりの頃は、LINEにあまり労力をかけたくないというのが男心なのだとか。

それだけでなく一言だけの返事は、文字だけ見ると「怒ってるのかな?」「不機嫌なのかな?」と思われてしてしまうことも……。

毎回既読が早い

これはLINEあるあるですよね。

スマホを触っててLINEの通知がくると、ついつい不意にポンと押して既読をつけちゃうときがあると思います。

たまたまそれが起こったなら良いですが、それが毎回になると「怖いな……」と思う男性もいるよう。

「俺も早く返さなきゃいけないのかな?」と負担になったり、「いつもそんなに暇なの?」と感じてしまうのかもしれません。

男性はいつも暇な女性には惹かれにくいもの。

充実した日々を送っていて自分を持っている人を魅力的だと思いますので、いつも早すぎるというのは注意が必要です。

遠慮する

これは、伝えたい言葉の前に前置きがあるということです。

たとえばよくあるのが「忙しいとは思うけど」「迷惑かもしれないけど」など。

このような一言をつけてメッセージを送ったことはありませんか?

もちろん相手に気を遣ってるからこその行動だと思います。

ですが「忙しいと思ってるなら今LINEしなくてよくない?」というように疑問が湧く男性も、なかにはいるそうです。

気を遣ってるつもりが、結果的に相手の男性に気を遣わせている可能性もあるので注意しましょう。

興味のない話を続ける

興味のない話や、報告してくる系のLINEが送られてきて、返信に困った経験はありませんか?

これは、男性も同じなのです。たとえば「今仕事終わった」とか「今から友達と遊びに行く」など。

あるいは「ネイル変えたんだ」と言って写真が送られて「かわいいね」と答えたあとに、「次はこういうデザインにしようと思うんだけど、どうかな?」と意見を求められても、正直困るというのが男心らしいです。

興味のないことに対して深掘りされても、2人の間にどんどん温度差が広がってしまう可能性があります。

LINEのやり取りに気を付けて

気になる人とたくさん連絡を取りたいと思う気持ちもあると思いますが、恋愛だとそれが裏目に出てしまうこともあります。

ぜひ今回ご紹介した5つのことに気をつけながら、彼とのLINEを続けてほしいなと思います。

(阿部田美帆/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)