釣った魚にエサをやらない男性もなかにはいます。

大好きな彼に雑に扱われたら悲しいですよね。やはり、ずっと愛され続けたいと思うもの。

そこで今回は、交際後も「ずっと大切にされる女性」の特徴をご紹介します。

一生愛される♡交際後も「ずっと大切にされる女性」の特徴って?

仕事を頑張っている

「彼女が仕事をすごく頑張っているので、自分も頑張らなきゃと思う」(29歳/コンサル)

「仕事に彼女を取られた感じでさみしいけれど、まあ我慢しなきゃなって思う。一生懸命に頑張ってる姿は愛おしいですね」(23歳/証券)

女性のほうから連絡が取れないくらい忙しくて、彼の相手ができない。

そのような「一生懸命な女性」は大事にされることが多いです。

もちろん、男性的にもあまりにも相手にされないと「俺と仕事どっちが大事なの?」ということにもなりかねません。

でも、残念ですが、そういう低レベルな男性は居なくても仕方がないですね。

癒やしをくれる

「あんまり会えないから文句の1つもあるだろうに、深夜に電話しても『おつかれさま!』と癒やしてくれる。こりゃ変なことできないですよね」(26歳/出版)

「冗談で『いつまで帰ってこないんだよー、ふざけるないでー』と言いつつ、心配して連絡してくれる。一緒にいてよかったと思う瞬間」(28歳/広告代理店)

文句の1つも言いたくなることがあると思います。

でも、文句はタイミングを見計らって言いましょう。

彼が癒やしを求めているときに、しっかり癒やしてあげられる女性は、大事にされそうですよね。

もちろん、文句を溜めていると爆発してしまうので、甘えられるタイミングにはガス抜きも大事です!

ギャップがある

「いつも甘えられるとうざいなー、と思ってしまうけれど、たまに甘えられるとなでなでしたくなる」(24歳/コンサル)

「頑張り屋でしっかりしている彼女なんだけれど、酔っ払ったときとかたまに愚痴をこぼしたり、スリスリされると、いつまでも一緒にいたいなって。ギャップがかわいすぎる」(28歳/外食)

男性的には、いつもべったり甘えられるとちょっとうんざりしてしまうことも。

でも、普段はあまり甘えないのに、ここぞと言うときに甘えるギャップを見ると、「大事にしたい」って思うようです。

なにごともメリハリが大事なんですね。

いつまでも愛されるために

「頑張っている」「癒やしてくれる」のポイントはとても高いようです。

いつまでも、相手にとって刺激と癒やしを与えられる存在を目指してみましょう!

(恋愛メディア・愛カツ編集部)