気になる男性とデートや連絡を重ねる仲になっても、自分は本命なのかキープなのか不安になることはありませんか?

男性の対応を見れば、その差に気付けるかも。

今回は、男性の「本命とキープへの対応の違い」をご紹介します。

彼の言動を思い出しながら、チェックしてみてくださいね。

あなたはどっち?男性の「本命」と「キープ」への対応の違い

デートの時間の長さ

男性は、本命の女性との時間を大切にしたがる傾向があります。

休みの1日を充てることも。

それに対し、キープの女性に対しては隙間時間で会おうとするよう。

仕事後のご飯や映画を見るだけのデートしかしていない場合は、都合のいい存在として扱われている可能性があるかもしれませんよ。

デートの計画性

本命の女性とのデートでは失敗したくないという男性がほとんど。

そのため、細かく計画を立ててくれていたり常連のお店に連れて行ってもらえることも。

キープの女性が相手の場合は、行き当たりばったりでお店を決めたり、行ったことのないお店に連れて行ったりするという男性も。

本命との下見で言っている可能性もあるようです。

デートの計画性はどうか、思い返してみましょう。

LINEの返信頻度と内容

男性は、本命の女性に対して送るLINEにはかなり気を遣うこともあるようです。

内容が凝っていたり、返信しやすい時間帯に送られてきたりするようなら、本命として思われている可能性が高いです。

反対に、適当な相づちや無視が続いたり、常識から外れた時間帯にばかり連絡が来るのは、キープとして思われているかもしれません。

彼とのやり取りを続けようとせず、一度終わらせるのも一つの手段だといえます。

デートの都合のよさ

同じデートでも、本命の女性とキープの女性に対しては臨み方が変わってくるよう。

わかりやすいのが、「男性自身が楽しむデートかどうか」という視点で見ることです。

本命の女性とのデートでは「女性に楽しんでもらう」ことを優先する男性も、キープの女性の前では自己中心的なデートを提案することがあるのだとか。

場所や時間帯、内容が彼本位かどうかで、なんとなく見極められるかもしれませんよ。

注意深く観察してみよう

男性が本命とキープとで態度を変えるのは、無意識にやっていることもあるのだとか。

そんな彼らの無意識から、自分がどっちなのかを見極められるようになるといいでしょう。

あなたへの本気度はどれくらいなのか、たしかめてみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)