恋をするとき、ふと「もしこの人と結婚したら、上手くやっていけるだろうか」と考える女性は多いでしょう。

そのときの指標になるのは、その男性が「結婚向きかどうか」というポイント。

そこで今回は、「結婚向きじゃない男性」をご紹介します。

こういう男性を避けて、素敵な結婚相手を見つけるヒントにしてみてくださいね♡

LINEで見抜く!「結婚向きじゃない」男性の特徴5つ

話し合いを避ける

大切な連絡もLINEで済まそうとする、こういう男性は結婚には向きません。

結婚生活で起きた課題について、話し合いを避けるためにLINEでサクッと済まそうとする旦那さんなら、すれ違いが起きるのは目に見えていますよね。

そこでどんなに忙しくても、大事な話は直接話し合う、もしくは電話するという姿勢がある男性となら、結婚してからもコミュニケーションが取れるはずです。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しく、揉めごとになると心を閉ざして回避するような男性っていますよね。

そういう男性は、結婚してから揉めたときも同じことをする可能性大。

人の性格はそうポンポン変わるものではありません。

とくに相手がどう思うかに着目せず、自分が不快だからそんな態度を取る男性なら、距離を置いて正解でしょう。

相手の都合を考えない

結婚に向かない男性は、少しマイペースすぎる傾向があります。

たとえばLINE一つとっても、自分が仕事が早く終ったら早く返事が来る、夜中でも朝方でも時間関係無く返事が来る……。

こんな具合に、自分の生活リズム中心に返信するケースが多い場合は、結婚向きではないかもしれません。

結婚となると、お互いのペースに合わせる姿勢が大事になってきます。

付き合っているうちから「自分のペース」が染みついてしまっている男性は、なかなか厳しいものがあるでしょう。

「変化」に苦手意識がある

「変化」に苦手意識がある

柔軟性があって、様々な変化に対応できる男性は、結婚向きといえるでしょう。

なぜなら結婚生活は、日々いろいろなことが起こるため。

ここで頑固すぎたり、こだわりが強すぎる男性は考えもの。

恋愛するぶんにはいいですが、結婚となると揉めごとに繋がりかねません。

予定決めがスムーズにできない

自分が忙しいときや、疲れているときに急に音信不通になる男性っていませんか?

なかでもデートなどの予定決めをしているときに、そういうモードに入る男性。

そういった男性は、自分のことでいっぱいいっぱいになる男性なのかも。

無用なストレスを避けるためにも、予定くらいはスムーズに決められる相手のほうが、結婚向きといえるでしょう。

じっくり見極めのが吉

結婚するとなると、相手選びはかなり重要。

ここで判断を見誤ると、後々面倒なことになりかねません。

今回のヒントを参考に、恋人もしくは気になる男性の本性をチェックしていきましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)