付き合っている相手となかなか会えない期間が続くと、「マンネリしないかな」「この先どうなるのかな」と心配になるのも無理はありません。

でも、「会う回数が少ないこと」と「良い関係をキープすること」は同時にできるものです。

そこで本記事では、恋人と会えない時に意識したい「心で繋がるためのコツ」を紹介します。

寂しさを抑えるよりも、前向きな力に変えていきましょう。

会えないときでも「寂しくならない」つながり方とは?

連絡頻度はなるべくキープしよう

連絡する習慣があるカップルは、深刻なすれ違いも自然消滅も少ないようです。

自然な流れで連絡が続くならOKですが、やはり会えない日が続くとどこかの時点で途切れてしまうかも。

心配なら、「週2~3日」「1日数回」などのペースを2人で話し合って決めることがも大切です。

付き合って1~2ヵ月程度くらいのタイミングに聞くと、今後の交際の参考にもなりますよ。

また、会えなくなるのが分かっているときは、早い段階で連絡頻度について二人の考えを確認しましょう。

束縛・嫉妬は関係悪化のもと

会えないとどうしても「冷められないかな?」「浮気してたら怖い」と感じることもあると思います。

しかし、電話やLINEで不安な気持ちをぶつけると、彼には大きなプレッシャーを与えてしまうかもしれません。

また、束縛や嫉妬を向けられると、男性は誠実さを信じてもらえないことに「悲しい」と感じるようです。

会えないときに、こうしたネガティブな気持ちを爆発させても、良い結果はまず得られないでしょう。

不安が強いときは、趣味の時間を増やす。友達と遊ぶ。散歩をする……など、他のことに集中すると少し気が和らぎますよ。

なるべく彼のことを信じて、前向きなやり取りを増やしましょう。

新鮮な話題を出していこう

会えないときに一番怖いのは「マンネリ」だと思います。

単調な連絡を続けると、やはり男性は「返信がめんどくさい」「LINEしてもつまらない」と感じやすいのだとか。

彼を飽きさせないためにも、日常で起きた新しい出来事を共有したり、二人でデートの予定を立てたりしましょう。

デートができるときには、なるべく同じデートプランにならないように、変化をつけることが大切です。

メイクや服装、時間帯、過ごし方、場所などにバリエーションを持つように、少しずつ意識してみましょう。

仕事・趣味に没頭しよう

彼のことが好きすぎて恋愛にのめり込むと、空回ってトラブルに繋がりがち。

また、恋愛への期待値が増して「もっとこうだったらいいのに」「会えないのが辛い」「不安で仕方ない」となりやすくなる場合もあります。

恋人にしばらく会えないときは、仕事や趣味などの1人の時間を楽しむことがポイント。

お互い自然体で無理なく連絡を取ることができて、「会えない=辛い」といった感覚が和らぎますよ。

ちょうどよい距離感を大切に

会えないときには「適度な距離感」を意識することがポイント。

好きすぎてのめりこんだり束縛するのも、離れすぎて疎遠になるのも、別れの原因になってしまう可能性が……。

会えないと寂しいですが、それでもラブラブでいられたなら、2人の愛情は確かなはず。

自分のプライベートを充実させつつ、彼にポジティブな表現を届けましょう。

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)