恋愛には駆け引きがつきもの……なんて言いますが、モノによっては裏目に出てしまうことも。

良かれと思ってやったことで嫌われてしまっては、元も子もありません。

そんな悲しい思いをしないためにも、今回は男性たちに「女性にされて嫌だった駆け引き」について話を伺ってきました。

彼らにとって、いったいどんな言動がNGだったのでしょうか?

男性に聞いた!思わずイラっとした「恋の駆け引き」とは?

愛情を試すこと

「最初は気が合って、彼女と一緒にいると楽しいなと思っていました。
でも、だんだんデートで奢りが当たり前になったり、夜遅くに車で迎えにきてと言われたり……。

それに応えないと不機嫌になるし、試されているようで嫌になって、別れちゃいましたね」(29歳男性/飲食)

自分の要望をどれだけ聞いてくれるかで愛情の深さを判断したり、連絡が不安になったりという気持ちは誰にでもあるものだと思います。

しかし、どんなお願いでも、すべてを叶えられる男性はいまずいません。

男性の気持ちを考えて、わがままやかわいくない甘え方はやめた方がいいかもしれませんね。

なにかと別れを持ち出す

「ケンカや融通が効かないと、すぐに別れ話をしてきたんですけど、マジで嫌でしたね。
最後はめんどくさ過ぎて僕から振りました」(25歳男性/美容師)

別れるつもりがないのに、簡単に別れ話をされると不安になるのはだれしも同じではないでしょうか。

1度や2度であれば我慢できるかもしれませんが、何回も別れ話をされると嫌気がさしてしまうことも……。

簡単に別れ話を切り出す女性は、男性に愛想を尽かされて本当に別れてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

露出でアピールしてくる

「初めてデートから色気ムンムンの服を着てきたんですよね……。

正直、一緒に歩いているのも苦痛で、けっこう引いてしまいました」(30歳男性/消防士)

彼女や気になっている女性が、デートで露出の高い服を着てくると、男性は目のやり場に困ったり、一緒に歩きたくないと思ったりすることもあるようです。

露骨な色気アピールは、男性のプライドを傷つけてしまう可能性もあります。

体をアピールするのではなく、お互いに信頼関係を築くことを意識してみるとよいかもしれませんね。

不安をあおるよりも…

恋愛の駆け引きばかりで安心できない恋愛に男性は愛想を尽かしているようです。

ヘタに駆け引きをするよりも素直に好意を向けることで、お互いの愛情が深まることもあります。

男性を不安にさせるのではなく、「安心」をさせて相手の心を掴み取るのもおすすめです。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)