気になる彼とはLINEをやりとりする関係だけど、なんだか進展がない……。

そんなときは、まだ彼が「恋愛モード」になっていないのかも。

そこで今回は、男性が「異性として意識する」LINEをご紹介します。

今回ご紹介するメッセージを送って、気になる彼に、恋愛モードになってもらいましょう!

この子いいかも…!男性が「異性として意識する」LINEとは?

ねぎらいLINE

「仕事でとても疲れていたときに『お仕事お疲れさま』とLINEが来たのは嬉しかったかな。
その子はよく自分のことを気遣ってくれるので、俺のこと好きなのかな?と期待しちゃいます」(27歳男性/保険)

やさしい言葉をかけられて、嫌な気持ちになる人はきっといないはず。

しかし頻繁にやさしい言葉をかけると、誰にでもそんな感じで送っているのかな?と誤解されかねません。

ですから、たまにさりげなく送るのがポイントです。

相手が本当に疲れているときや、困っているときに送ることで、アピールの効果が一気に上がりますよ。

「彼女いるの?」

「気になる女性とLINEをしていたときに『彼女いるの?』って聞かれました。
俺に興味持ってくれているのかな?と思って、そこからは僕もちょっと彼女のことが気になっている感じです」(26歳男性/建築士)

気になる彼とのLINEなら、彼のいろんなことが気になるはず。

そんなときは素直に聞いてみたほうが、彼も自分に興味を持ってくれているのかな?と意識し始めてくれるでしょう。

毎日なにげないLINEをしても、時間だけが過ぎてしまいますよね。

一歩踏み込んだ内容のLINEを送ることで、彼に恋愛モードになってもらいましょう。

文末にハートの絵文字

文末にハートの絵文字

「女友達からのLINEで、文章の最後にあったハートのスタンプにドキッとしました。
こっちからもハートのスタンプを送り返したくなって、自然と彼女のことを意識し始めている自分がいました」(30歳男性/営業)

奥手な女性にとって、ハートマークのスタンプを送ることは、少し勇気がいるかもしれません。

しかし「ありがとう」や「よかった」など嬉しい感情を表すときにさりげなく使うことで、自然にアピールすることができるでしょう。

ただし、ハートマークを頻繁に使い過ぎると、相手に重く受け止められてしまうので、たまに入れるくらいがコツですよ。

「会いたいなあー」

「こないだ出会った子に『最近会っていないね』ってLINEがきたのでデートに誘っていいという確信が持てました。
鈍感だからはっきり言われるほうが助かります。デートでは告白しようと思ってます」(21歳男性/大学生)

勇気を出して会いたいという気持ちをつぶやいてみるのも、作戦としてはアリ♡

ポイントは、「会いたいよ」「遊ぼう」という直接的に語り掛けるようなセリフではなく、「会いたいな」「一緒に○○に行きたいな」など、独り言のような雰囲気にすること。

会いたい気持ちをはっきり伝えてみることで、彼から「じゃあ一緒に行く?」と誘ってくれるかもしれません。

それに好きとは言えなくても、会いたいと言うだけでかなりのアピールになるはずです。

彼の恋愛スイッチをONに!

LINEを送るときのポイントは、さりげなく送ること。

あまりにも頻繁にアピールしすぎると、男性に重く感じられ、避けられてしまう可能性もあります。

タイミングを考えながら、上手く送ることで彼の気持ちを上手に揺さぶりましょう。

奥手な女性でもLINEならきっと大丈夫!

一度送ってみるだけでも、大きな発展につながるかもしれませんよ。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)