「いまは彼女とかいらないかな」と口にする男性って、たまにいますよね。

あの発言の裏側には、どういった心理が隠されているのでしょうか?

今回は、そんな男性心理について、具体的に4パターンご紹介します。

【徹底解説!】「いまは彼女いらない」っていう男性心理

見栄を張りたいだけ

本当は彼女がほしいけれど、なかなかできないときには、「別にいまはいいかな」なんて見栄を張っちゃう男性がいます。

「彼女ができないのではなく、いらない」ということを主張したいのでしょう。

はっきりとした理由がなく、そこまで強く主張するわけでもないのなら、「彼女がいらない」わけではない証拠かも。

そういった男性なら、恋のチャンスが舞い込めば、案外サクッと彼女を作ったりします。

ですから気になる彼がこのパターンなら、すぐに諦めなくてもOKです。

恋愛モードになれない

これは本心から「いまは彼女はいらない」と思っているパターンです。

仕事が忙しい、元カノにフラれた傷を癒やしたい、趣味にお金や時間を費やしたいなど、その理由はいろいろ。

こういった男性に強引にアプローチをしても、むしろ敬遠されるだけ……という可能性はかなり高め。

とはいえ、タイミングによっては全く付き合えない!というわけではありません。

その男性の状況や様子をこまめにチェックしながら、接近するのにベストな時期を見極めるようにしましょう。

遊びたいモードだから

遊びたいモードだから

彼女を作るよりも、まだまだ自由に遊んでいたいと考えている男性は、「今は彼女はいらない」と口にするはず。

これはまさしく本心であるので、彼女という特定の存在はまったく必要としていないのでしょう。

また「彼女はいらない」と言っているのに、それでも近づいてくる女性は、堂々と遊び相手にすることができます。

そういった狙いもあるでしょうから、「いつか彼女になれたらいいかな」なんて、軽い考えで深入りしないように気をつけてくださいね。

君とは付き合えない

自分に好意を抱いているのが、なんとなく伝わってくる女性に対して、「いまは彼女はいらない」とけん制をするケース。

それを先に伝えることで、言い寄られたり告白をされたりするのを、防ごうとしているのでしょう。

あまりにもハッキリと主張されるなら、すぐにその相手と付き合う!というのは難しいと考えるのがベター。

まずは友達から始める感覚で、ゆっくり仲を深めていったほうがいいでしょう。

じっくり真意を見極めて

本当に彼女がいらないのか、そう言っているだけなのか……。

その後のアプローチの方法も変わってくるので、男性の言動や態度をきちんとチェックして見極めることが大切。

気になる彼の真意次第で、タイミングを考えて行動しましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)