クリスマスまで、あと一週間!

2020年は新型ウイルス感染拡大のため、活動的になりづらかった人も多いでしょう。

2021年はワクチン接種が始まり、以前のような生活が少しずつ戻ってきています。

愛カツでは、恋人がいる女性を対象に「2021年のクリスマスの過ごし方」についてアンケート調査を行いました。

コロナ前から「ウィズコロナ時代」にかけて、この聖夜にも変化はあったのでしょうか?

恋人には会わない派も!女性257人に聞いた2021年クリスマスの過ごし方【愛カツアンケート調査】

もっとも票を集めたのは「おうちデート」

クリスマスのアンケート

【2021年のクリスマスはどう過ごす?】​
■調査概要
対象者:愛カツを利用するユーザーの中で、恋人がいる女性
回答数:257
調査時期:2021年11月18日~2021年12月14日
調査方法:選択式

体験よりも「過ごす時間」を重視する傾向

もっとも得票数が多かったのは「おうちデート」(96票)でした。

まさにコロナ禍に定番化したデートスタイルのひとつでしょう。

緊急事態宣言が解除されたからといって、このデートを止めるカップルは少ないようです。

また、「人が少なそうな穴場デートスポットに行く」(41票)と回答したのは、全体の15%。

日本各地でクリスマスイベントが目白押しのいま、あえて家や穴場スポットで過ごすカップルたち。

「クリスマスらしい体験」よりも「2人で過ごす時間」を重視する傾向があるといえるでしょう。

26%が「旅行」「人気スポット」へ

「旅行する」(33票)「人気のある有名デートスポットに行く」(34票)と回答したのは、全体の26%です。

延期していた予定などを、実行するカップルもいるかもしれません。

実際に、「クリスマスは温泉旅館に行く」(25歳女性/会社員)という声もありました。

2021年は有名テーマパークが2年ぶりにクリスマスイベントを行うなど、社会情勢の変化が見られます。

これらが、クリスマスの過ごし方に多様性をもたらしているといえるでしょう。

「家族や友達と過ごす」という回答も

家族、友達と過ごすという回答も

全体のおよそ10%が「恋人には会わず、友達や家族と過ごす」(27票)と回答しました。

クリスマスは恋人と過ごす人が多いなかで、あえて「恋人には会わない」女性たち。

実際に帰省を予定している人の声を聞くと、ウィズコロナ時代ならではの事情がありました。

「今年はクリスマスイブから帰省します!
昨年も帰省しましたが、実家にいるときもずっとマスクを身につけて、家族とはほとんど話せませんでした。
今年はいつもよりも長めにお休みをとって、家族とゆっくり過ごす予定です」(26歳女性/会社員)

素敵なクリスマスになりますように♡

コロナ前は「クリスマスまでに恋人を作らなきゃ!」と焦る女性も多かったでしょう。

今回の調査を通して、「クリスマス=恋人と過ごす」という考え方が少しずつ変化していることがわかりました。

2021年は「クリスマスらしい」ことをするよりも、自分たちにとって最適な過ごし方を選ぶ人が増えてきているようです。

唯一無二の素敵なクリスマスを過ごしましょう♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)