一度ハマるとなかなか抜けられない不倫沼。その先には、明るい未来なんてありません。

そこで今回は、女性が「不倫沼」を卒業できたきっかけをご紹介します。

似たような環境にいる人は、考え直してみてくださいね。

やめてよかった!私が「不倫沼」を卒業できたきっかけ3選

1.待つのに疲れた

「奥さんと別れるって言うから期待してたけど、いつも『今話し合ってる』とか『もう少しかかりそう』ばかりで。

気付いたら2年が過ぎていました。ふと冷静になったとき、さすがに嘘だと気づきました。不安で疲れて……なにもいいことがなかった」(32歳女性/総務)

既婚男性は、不倫相手の女性に対して「妻とは別れる」と言って期待を持たせるケースもあります。

でも、実際には、口だけだとわかり、がっかりして目が覚めたという女性もいるようです。

これ以上待っていても歳を取るばかり……だと思い、別れを決断できるという女性は多いと思います。

2.相手の奥さんが妊娠した

「不倫だから、妊娠しないようにすごく気を遣います。奥さんと不仲と言っていたくせに、奥さんが妊娠したという話が伝わってきました。『ふ~ん……』って一瞬『無』になった後、スーッと気持ちが冷めました」(28歳女性/イラストレーター)

「愛されているのは私だけ」と思っていたからこそ付き合っていたのに、奥さんの妊娠は女性にとってショックが大きいものでしょう。

不仲と言っていたのに嘘だったんだ……とわかった途端、虚しくなり目が覚めたという声は納得ですね。

3.友達が結婚した

「割り切っていたつもりでしたが、親友が結婚して幸せそうにしているのを目の当たりにしたら、『私、なにしてるんだろう』って。

急に焦りが出てきて、普通の幸せが欲しいと思うようになりました」(30歳女性/看護師)

周りの女性、とくに親しい女友達が結婚して幸せそうにしているのを見たら、どうしても自分と比較してしまうものですよね。

その結果、「このままではいけない」ということに気付き、別れを決断するに至ったという女性も多いと予想できますね。

不倫に明るい未来はない

不倫を卒業できたきっかけはさまざまです。

不安で辛い思いを抱えながら、ずるずると関係を続けずに別れるための行動を起こしましょう。

不倫を続けても幸せになれることはないのだから。

(かりん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)