多くの男性にとって、年上女性は憧れの存在です。

ただ、年上だからこそ「こうあってほしい」という願望もあり、そこから大きく外れた場合は幻滅してしまうこともあるんだとか。

そこで今回は、男性が年上の女性に幻滅した瞬間をご紹介します。

せっかくの恋のチャンスを逃さないようにしてくださいね。

もう恋愛対象には見れない…年上女性に幻滅した瞬間とは

相談したのに自分の話に持っていかれる

「仕事で失敗して落ち込んでいるときに、『話して』と先輩が言ってくれたので、てっきりなぐさめてくれると思っていたんですが、自分の話ばかり長々と話し始めてしまい……。

結局、僕の話はほとんど聞いてもらえず、『そのうち慣れるって!元気出しなよ!』と、軽くあしらわれました。もう二度とその人に相談することはないすね」(24歳男性/保険)

まず気を付けておきたいのは、自分目線で相手を決めつけないこと。

相手には相手の人生があり、感じ方があり、それゆえに悩みもあります。

年下の男性から相談されたときは、じっくり話を聞いてあげたうえで、「自分も同じように悩んだことがある」と、共感してあげるのがおすすめです。

どうするのがベストなのか一緒に考えてあげると、2人の関係も深まるはずです!

食事のマナーが悪い

「年上の女性は、なんでもスマートに品よくこなすイメージを持ってしまいます。もちろん、苦手なことがあっても、好きになることもあります。

ただ、食事のときにカチャカチャ食器の音を立てたり、飲み物をズズー!っと飲んでたりすると、なんとなくガサツな人なのかな……と感じてしまいますね」(26歳男性/公務員)

食事のマナーは、女性のイメージを大きく左右するものです。

食事だけでなく、話す声のボリュームや言葉遣いなどにも注意が必要。

事前に食事のマナーや知識などを取り入れておけば、余裕をもってデートを楽しめるはずです。

慣れないマナーで少しくらい失敗しても、「えへへ……」と恥ずかしそうな顔をすれば、男性をかなりドキッとさせられるでしょう。

金銭管理ができていない

「毎月給料日前になると、『お金がない』『金欠でヤバい』と口癖のように言っている先輩がいます。その割にムダ使いが多くて、年下の僕に『今日おごって~!』と甘えてくるんですよね……。

頼りにされるのは嬉しいですが、金銭感覚がゆるすぎる年上女性には、正直惹かれません」(28歳男性/商社)

年上の女性はしっかりしているもの、という理想を持った男性は、意外と多くいます。

とくに、お金に関しては計画的にかしこく使ってほしいと感じているようです。

無計画でだらしない金銭感覚は、恋愛の可能性も潰しかねません。

男性は30歳を過ぎたころから、安心して結婚できる女性を追い求める傾向にあるので、自己管理はしっかりしておきたいですね。

憧れられるお姉さんに♡

とくにコレといって落ち度が自分にはなくても、思わぬところで幻滅されてしまうことも。

自分にとって「素敵なお姉さんとはどんな女性?」と思い浮かべながら、いまの自分とくらべてみてはいかがでしょうか。

ちょっとした仕草や発言、生活スタイルなどを意識することで、女性としての魅力がアップすることもありますよ!

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)