あなたの周りには、わがままなはずなのに、どこか憎めなかったりモテていたりする女性はいませんか?

そんな女性のわがままには、どんな違いがあるのでしょう。

今回は、男性に「許せるかわいいわがまま」を聞いてみました。

上手にわがままを使いこなして、愛される女性を目指しましょう!

彼女ならキュンとする♡男性が許せる「かわいいわがまま」って?

ポイントを押さえている

「俺の彼女は本当に気まぐれで、デートの約束も『ちょっとほかに用事ができた』なんてドタキャンされることもしょっちゅうあって、正直イラっとするときもあります。

でも彼女、俺の誕生日や記念日は、絶対になにがあっても俺に会いに来てくれるんです。それがうれしくてほかのわがままは許せちゃうんですよね」(27歳男性/不動産)

同じわがままでも、押さえるべきポイントを押さえているならうれしいという男性も。

なんでもかんでも自分勝手で気まぐれなだけだと、男性を振り回して不快な気持ちにさせるだけでしょう。

普段は彼が喜ぶことやうれしいことをしているからこそ、許されるわがままがあるようですよ。

感謝や謝罪ができる

「僕の彼女は本当にわがままなタイプですね。この前も『ハンバーガーが食べたい』ってLINEが来たからテイクアウトして彼女の家に届けたら『気分が変わった!やっぱりピザ食べたいからデリバリーで頼んじゃった』って……。

ちょっとムッとしたら『ごめんなさい……』って謝ってきて。いつもわがままな発言をするんだけど、あとで反省して謝ってくるから、ついつい許しちゃうんですよね」(25歳男性/広告)

どんなに心が広い人でも、「わがままを聞いてくれて当然!」と思っている彼女のわがままは聞きたくないと思うよう。

わがままで彼を振り回してしまったなら、きちんと謝罪をしましょう。

その一言があるかないかで、印象が大きく変わるようですよ。

ただ、謝ればなにをやってもいいわけではないので、過度なわがままには気を付けられるといいですね。

甘えながら

「俺の彼女、気まぐれで結構自己中なんだけど、なぜか憎めなくて……。甘え方がすごくかわいいから。デートは『頭が痛い』とドタキャンしたくせに、その日の夜に『寂しいから今から来てほしい』って電話をしてきたり……。

そのときだって『○○くんに会いたくてたまらないから……来てくれたらうれしいな』って甘えた声で言ってくるから、行かずにはいられませんでした」(30歳男性/貿易)

わがままでも、言い方一つで受け手の印象が変わることも。

彼女から甘えられるのが好きな男性は、かわいく甘えられたら許してしまうという人もいるのだとか。

「これやってよ!」ではなく「こうしてほしいな」と伝えられるようになると、なんでも許してもらえるようになるかもしれませんよ。

相手の気持ちを思いやろう

許されるわがままには、どこか愛らしさがあるようです。

「やってもらって当たり前」ではなく「やってくれている」と思うことを忘れずにいましょう。

許されているからとわがままばかり言っていると、愛想をつかされるかもしれないので、思いやりの気持ちを持つようにするといいかもしれません。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)