好きな人ができると、LINEを使って距離を縮めようと思うこともあるでしょう。

ただその気持ちが先行するあまり、彼を困らせているかもしれません。

今回は、男性を困らせるLINEを4パターンご紹介します。

当てはまるところはないか、チェックしてみてくださいね。

彼女ヅラしてない?付き合う前の男性を困らせるLINE4パターン

人間関係の深刻な相談

彼女ではなくても、頼られるとそれに応えたくなる男性が多いようです。

とはいえ、自分が知らない人に関する相談には乗りづらいという男性も。

友達付き合いに関する悩みや相談は、基本的に避けるようにしましょう。

どうしても聞きたい場合は、「○○なときってどうすればいいのかな」など、サラッと質問する程度に留めるようにするといいかもしれませんね。

生活習慣に関するお説教

心配している気持ちであっても、生活習慣などに関するお説教は、ただのお節介にしか感じないのだとか。

「もっと早く寝なよ」や「野菜も摂ったほうがいいんじゃない?」などと言われると、イラっとするという男性も。

付き合っている彼女からなら愛ある言葉と受け取れることもあるようですが、そうでないならむやみにアドバイスをするのは避けたほうがいいかもしれません。

どうしても言いたいときには「私はこれしてるけどいいよー!」などと伝えるようにしましょう。

家族の話

家族の話をすることで、距離を縮めようと思う女性もいるのではないでしょうか。

なかにはあまり親しくない相手に、家庭のことを話したくないという人もいます。

相手が家族の話をするまではとくに触れないほうが無難かもしれませんね。

色気を感じさせる話

女磨きをしようと思っているときには、異性の意見が参考になることもあるでしょう。

しかし、彼氏でない男性に下着のことや体形のことについて聞きすぎるのはNG。

女性らしさのアピールになるともかぎらないので、付き合う前に色気を感じさせるLINEを送るのは避けたほうがいいかもしれません。

彼の好みを探りたいときには、ストレートに「どんな人がタイプなの?」と聞いてみてはいかがでしょうか。

距離感を意識しよう

好きな男性とのLINEで大切なのは、距離感を間違えないことです。

顔が見えないからこそ、気持ちが高まるとそのまま送信してしまいがち。

彼氏ではない男性から同じLINEが送られてきたらどう思うかを考えてから送るようにしましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)