気になる男性とのLINEでは、好印象を抱いてほしくていつもよりていねいに送ることを意識している人もいるのではないでしょうか。

しかしその気遣いが仇となって、男性に面倒くさいと思われている可能性も。

今回は、気遣いが裏目に出やすいLINEをご紹介します。

当てはまるところはないか、チェックしてみてくださいね。

気遣いが裏目にでることも…じつは男性がいやがるLINE

URLを送る

行きたい場所や面白いニュースなどを共有したいとき、URLを送ってあげる人はいませんか?

ニュースサイトやTwitterなどから情報を探したときにやりがちかもしれません。

URLが送られてくると、一度クリックしてLINEを離れなけれなならないのが面倒だという男性もいるよう。

真面目で律儀な男性ほど、その作業に手間がかかるぶん返信がおっくうになるようです。

わかりやすくまとめて送ったり、スクリーンショットを送ったりするようにしましょう。

長文をそのままコピペ

なにか調べものをして知ったときの情報を送るときにコピーしたものをそのままペーストして送信していませんか?

わかりやすいようにとりあえず全部送ろうという考えなのかもしれませんが、長文すぎると読みたくなくなるという男性も。

また、相手が全く興味がない内容のときはただただ返信に困らせることもあるよう。

よかれと思ってやったことでも、男性にとっては迷惑な場合があることを頭に入れておきましょう。

なにかと心配しすぎる

好きな男性を心配する優しい気持ちから、「大丈夫?疲れてない?」や「無理しないでね」「今日はなにするの?」などのLINEを送っていませんか?

最初はその気持ちをうれしく思う男性も、頻度が高くなるにつれておせっかいだと思う男性もいるようです。

心配されすぎることでかえって心配になったり、母親のように感じたりすることもあるのだとか。

LINEでは息を抜いて軽い話題を楽しみたいという人もいるようなので、意識してみるといいかもしれません。

肩の力を抜いてみて

優しい気持ちや相手を思いやる気持ちから送ったLINEでも、「またか……」と思われることもあるよう。

ていねいさも大切ですが、そこにこだわりすぎていると、彼の気持ちを冷ましてしまうかもしれません。

お互いに楽しんでやり取りできるよう、肩の力を抜いてみましょう。

(かりん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)