いくつになっても変らず愛され続ける女性って、同性から見ても魅力的に映るもの。

見た目だけではない魅力が、そこにはあるのでしょう。

今回は、星座×血液型から、年齢に関係なく愛される女性を占いました。

ランキング形式でご紹介します!

あなたはランクインしているでしょうか?

【星座×血液型】ずっとモテモテ♡何歳になっても愛される女性ランキング

10位:しし座×O型女性

確固たる信念や価値観を持つタイプ。

そのため、そのときの気分によるブレが少ないでしょう。

そんな筋の通った姿こそ、周囲から愛され続ける魅力です。

理路整然としたコミュニケーションを大切にするため、相手も信頼を寄せるはず。

9位:おとめ座×A型女性

相手を立てるだけでなく、ダメな部分はきちんと指摘できるタイプ。

人は自分が完璧でないことをよく理解しています。

しかし、プライドや虚栄心が邪魔して、弱点に気づかないフリをすることも……。

そんなとき、しっかりアドバイスをくれる存在がいると、とても心強いでしょう。

その誠実さが、愛され続ける魅力です。

8位:おうし座×A型女性

元々心優しい性格の持ち主。

他人の悩みも自分のことのように受け止める懐の深さが魅力的。

生来の温厚な性格で、細やかな気遣いができるため、男女問わず好意を持たれるはず。

特に、仕事ができる人から、重宝がられるでしょう。

年齢を重ねるごとに、密かなファンが増えそう。

7位:てんびん座×B型女性

相手の欲しいものを直感的に理解できるでしょう。

そんな、気配り上手なところが魅力の一つ。

機転が利くアピールをするのも上手で、相手の心をうまく掴めそう。

行動力もあるため、絶妙な距離感で相手の懐に潜れるはずです。

公使ともに能力を発揮できるでしょう。

6位:いて座×AB型女性

ポジティブで親しみやすい存在でしょう。

その魅力で、男女問わずモテる才能を持っています。

誰とでもすぐに打ち解けることができ、無意識に相手を喜ばせるサービス精神の持ち主。

しかも、年齢や性別を問わずに好感をもたれるため、いくつになっても周囲のアイドル的存在になれそう。

5位:うお座×B型女性

守ってあげたくなるような不思議な魅力を持っています。

また、とても素直な性格の持ち主でもあります。

そのため、年齢問わず、さまざまなことを吸収し成長していくでしょう。

その過程で、いつのまにか愛されていることが多いかもしれません。

可愛げが、あなたの最大の武器です。

4位:さそり座×A型女性

相手に尽くす傾向が強く、包容力もあるため周囲からは人気が高いでしょう。

しかし、気に入った相手以外にはかなり淡泊なところもあります。

そんなところも、魅力を高める一因になっているようです。

なんとかして「お近づきになりたい」と思う人が一定数いるでしょう。

年をとっても衰えない「オンリーワンの魅力」を持っています。

3位:てんびん座×AB型女性

まさに「天性のモテ要素」を兼ね備えた女性。

バランス感覚に優れているので、美的センスや人間関係など、あらゆる分野に才能を活かせるはず。

自分なりの感性を最大限活かし、社会をしなやかに渡り歩いていけるでしょう。

広く浅い付き合いになりがちですが、颯爽とした立ち振る舞いや洗練されたコミュニケーション能力は、まさに天性のもの。

年齢を重ねるごとにその魅力は増し、愛されるでしょう。

2位:かに座×B型女性

なにごとも効率よく動ける才能の持ち主。

しかし、サバサバして取っ付きにくいわけではなく、非常に家庭的で親しみやすいタイプでもあります。

物ごとをあまりクヨクヨ考えず、相手の言うことを素直に聞く姿勢の持ち主。

そんな姿は、周囲の人をホッとさせるはず。

そのため、年齢関係なく愛されるでしょう。

1位:うお座×O型女性

普段は、おっとりした性格の持ち主で、争いごとを好まないでしょう。

しかし、一度火がついて本気になると、信じられないパワーが溢れてきます。

一言で言うとギャップのある性格です。

このギャップに魅力を感じる人が多くいるでしょう。

ここぞというときに頼りになる存在として、周囲の人の心を掴んで離さないのです。

内に秘めた魅力

タレントや女優の中でも、年齢を経るにつれて内面の美しさが現れ、さらに魅力的になる女性っていますよね。

人は第一印象に注目してしまいがちですが、長く愛され続ける女性は、外見以外にも魅力を持っていることが少なくありません。

一過性の魅力だけでなく、永続的で誰からも奪われないあなただけの魅力を磨いていけば、きっと年齢に関係なく誰からも愛され続けるでしょう。

そのために、早い段階で自身の魅力を発見して伸ばしていけるといいですね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)