付き合っていれば、ケンカをすることもあるでしょう。

そこでただ感情をぶつけ合うだけでは、だんだん気持ちが離れていくかもしれません。

今回は、ケンカをきっかけ印象を上げる彼女の言動をご紹介します。

彼とケンカになったときの参考にしてみてくださいね。

ケンカも怖くない!仲直りまでに印象を上げる彼女の言動

話を最後まで聞く

「いつもは結構言いたいことを言う彼女なんですけど、ケンカしたときは黙って僕の発言を聞いてくれたんです。お互いにフェアな関係でいたいっていう彼女の性格がすごく伝わってきましたね」(28歳男性/不動産)

仲悪くなるためにケンカをしているカップルはいないでしょう。

お互いにわかり合いたいという思いによるものであるはず。

それなのに、自分の気持ちを一方的にぶつけるのは意味がありません。

彼の話を最後まで聞くことで、さらに信頼感が深まるはずですよ。

話し合おうとする姿勢を見せる

「ケンカしたときに、彼女が『冷静に話し合おう』って言ってきたんです。感情的にケンカをするのではなく話し合いで解決できる人なんだと思って見直しましたね。それからは、お互い思っていることを伝え合うようになりました」(27歳男性/人材)

ケンカと話し合いは、似ているようで全然違います。

冷静に落ち着いて理解し合おうろすることができれば、この先もうまくやっていけるでしょう。

「話し合うこと」を意識してみてはいかがでしょうか。

素直に謝る

「素直に『ごめん』って言われると、それ以上相手を非難しようっていう気にならないですね。それに、しっかりと『ごめん』が言えるのっていいなって思いました」(30歳男性/メーカー)

ケンカしたときは、「ごめん」の一言でクールダウンできることも。

自分が悪くないときでも、こんな状況になったことに対して「ごめん」と言える女性は大人でしょう。

一度落ち着いてから話し合うと、すぐに仲直りできる場合もあるようですよ。

理性的な発言

「説得力のある発言をされると、こちらとしても認めざるを得ないですね。しっかりと考えた末の発言だってことがわかると、こっちもしっかりと考えて発言をしようって思えます」(25歳男性/広告)

ケンカしているときほど感情的になりやすいですが、感情的な言葉は相手に届きにくいよう。

しっかり考えられ、筋が通っている発言をすることが仲直りへの近道でしょう。

感情的になりそうなときには、しんこ固有を意識するといいかもしれません。

どう向き合うかがポイントに

ケンカするほど仲がいいとは言いますが、それは相手への向き合い方次第で変わってきます。

意見や考えが違うのは避けられないことなので、どう向き合うかに焦点を当ててみましょう。

長続きできるカップルになれるよう、どんなときでも思いやりを忘れずにいたいものです。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)