恋人でいる期間は楽しくても、結婚したとたん冷え切った関係に……なんてこともあるようです。

大好きな彼と結婚したなら、ずっと仲良くいたいはず。

今回は、2人の干支から、結婚してもずっとラブラブな夫婦になるカップルを、第3位から順にご紹介します。

あなたはランクインしているか、チェックしてみてくださいね。

【干支占い】最高の夫婦♡結婚してもずっとラブラブなカップルTOP3

3位 子(ねずみ)年生まれの男性×丑(うし)年生まれの女性

【夫が妻にほれ込む】

繊細で神経質な一面がある、子(ねずみ)年生まれの男性。

家事や家庭内の決めごとは、最初にきちんと決めておきたいタイプで、適当で済ませようとすると、イライラするでしょう。

いっぽう、丑(うし)年生まれの女性は何事にもあまりこだわりはないので、夫に合わせてあげられるはず。

夫は、それを「妻の愛の深さゆえ」と解釈するので、家庭は円満に保たれるはず。

じつは夫が妻にほれ込んでいる、仲睦まじい夫婦なのです。

2位 酉(とり)年生まれの男性×辰(たつ)年生まれの女性

【あるがままの2人】

完ぺき主義の傾向がある、酉(とり)年生まれの男性。

プライドが高くて、自意識の高さも相当なもの。

いつも誰かの目線や評価を気にしてしまい、完璧であろうと振る舞うので、疲れてしまうことも。

いっぽう、辰(たつ)年生まれの女性は自然体でいられる人。

自分をしっかり持っているので、周囲に振り回されることがありません。

夫はそんな妻の姿を見つつ、あるがままのふたりで、肩の力を抜いて生きられるでしょう。

1位 戌(いぬ)年生まれの男性×卯(うさぎ)年生まれの女性

【理想的なラブラブ夫婦】

真面目で働き者の戌(いぬ)年生まれの男性は、とにかく面倒見がいい性格。

家族に対する愛情が深く、自分の親はもちろん、義理の両親や子供の面倒など、いやな顔一つ見せずにやってくれるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれの女性は甘え上手ですが、自分でできることや判断できることについては、夫を煩わせません。

そんな妻の気遣いに感激し、夫の妻に対する愛情はますます深く細やかになるはず。

お互いを思い尊敬し合う、まさに理想的なラブラブ夫婦でしょう。

ラブラブ夫婦に欠かせないものは…

恋人時代とは違い、夫婦になると生じる問題も増えてくることも。

そこでどうなり超えていくかに、夫婦としての真価が問われているでしょう。

2人の相性がよければ、ずっとラブラブに過ごせるはずですよ。

(星谷礼香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)