会社でのランチやお店でのひとりご飯など、誰にも見られていないかと思いきや、意外にも男性は女性の食事中の仕草を見ているようです。

そして、そんななにげない仕草が男性の恋心をくすぐるときもあるんだとか。

そこで今回は、男性がキュンとする「食事中の仕草」をご紹介します。

意外と見られてる!男性がキュンとする「食事中の仕草」3つ

お箸をキレイに持っている

「同僚と食事してたときに箸をキレイに持ってる女性がいて、礼儀正しそうな感じもして美人に見えたから、思わず付き合いたいなって思っちゃいました」(24歳男性/IT)

食事シーンで意外と男性がチェックしているのが、箸の持ち方。

箸をキレイに持っているだけで、育ちがよく礼儀正しい素敵な女性のオーラを感じるようです。

大人になると箸の持ち方を注意される機会がほとんどないので、自分がどうやって持っているか改めてチェックしてみてください。

男性からの熱い視線を集めるためにも、正しい箸の持ち方をマスターしましょう♡

きちんと「いただきます」を言う

「カフェに知り合いの女の子がいたんですよ。ひとりだったのに食べる前に手を合わせて『いただきます』って、めちゃくちゃかわいいなって思いました。その姿にキュンとして、夜にLINEで連絡しちゃいました」(28歳男性/公務員)

1人で食事をするシーンでは、「いただきます」の言葉をつい省いてしまいがち。

しかし、おはようなどのあいさつ同様、「いただきます」も大切な言葉のひとつです。

たとえひとりのときでも、「いただきます」という言葉をきちんと言える女性は、男性に律儀で健気な印象を与えます。

いつどこで見られても好印象が与えられるよう、どんなときも「いただきます」と言えるように習慣化しておきましょう。

一口の量が少ない

一口の量が少ない

「会社に少しずつ食べ物を口に運んでる女性がいてキュンとしました。大口あけて詰め込むより、少なめのほうがかわいい。今その子のことちょっと狙ってます」(31歳男性/食品メーカー)

食事をする際に、口に食べ物を詰め込みすぎると、男性に下品な印象を与えてしまいがちです。

なにげない食事シーンで男性にキュンとしてもらうには、ひと口の量を少なめにするのがポイント。

少しずつ口へ食べ物を運ぶだけで、上品でかわいらしい印象がアップします。

時間がないからと急いで食べると、口に食べ物をたくさん詰め込んでしまいがちなので、時間に余裕をもって食事をすることを心がけましょう。

誰に見られてるかわからない!

たとえひとりで食事をしていたとしても、気を抜かないのが鉄則です。

いただきますなどの基本のセリフや箸の持ち方、口に入れる食べ物の量などに気を付けて、できるだけ女性らしく上品に食べましょう。

そんな食事シーンでのちょっとした努力が、あなたの魅力をアップさせてくれるはず♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)