イイ感じの彼が、急に冷たくなった……。

そうなると不安が募るもの。

その理由は、もしかしたら「めんどくさい子認定」されてしまったからかもしれません。

そこで今回は、そんな女性たちの言動をご紹介します。

男性ドン引き…「めんどくさい子認定」されちゃう女性とは?

彼のSNSを細かく「チェック」する

彼のことが好きすぎて、会えない日も彼の写真や動画を見るために、SNSを開く女性がいるでしょう。

ただこれ、相手の男性に知られるとドン引きされる場合があります。

たとえば、SNSに旅行の写真が投稿されていたら「誰と行ったの?」「いつまでそこにいるの?」とLINEするなど。

こういったメッセージから、SNSを細かくチェックしていることがバレてしまうでしょう。

彼から直接話してくれるならいいですが、SNSでしか発信していない内容は、彼に伝えないほうが無難です。

不機嫌の理由を「言わない」

デートなどでイラっとしたとき、わざわざ言葉にしなくても「不機嫌になった理由」を察して欲しいと感じる女性っていますよね。

実際のところ「なぜ不機嫌か」を察知できる男性は少なく、下手すると「不機嫌になっていることにすら気づかない」場合もあるでしょう。

女性としてはいつでも些細な変化に気づいてもらい、「どうしたの?」と声をかけてもらいたいかもしれません。

ただ、あまりに察することを男性に求めすぎると、「察するのが苦手だって察してよ」と不毛な戦いが始まる可能性も。

とくに関係が浅いうちは、できるだけ言葉で意思疎通を図っていきましょう。

状況を考えない「会いたい」発言

状況を考えない「会いたい」発言

どんなに彼が忙しい状況にあっても、なんとかして会いたい!とアレコレ手を尽くすのは考えもの。

もちろん男性のタイプによっては、健気でかわいいと思ってもらえるかもしれません。

ただ疲れて心の余裕のない男性には、ただただ「めんどくさい」と捉えられてしまうかも。

「会えないときがあるから、会えたときの喜びが倍増する」と考えの転換をすることで、お互いの負担が減っていくでしょう。

何度も気持ちを「試す」

過去に恋愛でつらい経験をしたことのある女性ほど、彼のやさしさが怖くて、本当に彼は自分を裏切らないだろうか、と不安になってしまうようです。

そうなると、いろいろな方法で彼を試してしまいがちに。

たとえば、突然連絡を断って彼の返信を待ったり、別れる気がないのにケンカのたびに「別れよう」と口にしたり……。

あの手、この手で相手の気持ちを「可視化」したがる傾向があるようです。

あなたは試すのが目的でも、「別れよう」と言われた彼は確実に心にダメージを受けるでしょう。

最悪の場合、彼が「分かった」と別れることを承諾する可能性もあるはず。

試し行動はわだかまりが残ってしまう可能性が高いので、試したくなったらグッとこらえて彼を信じてみましょう。

関係にヒビが入る前に…

今回ご紹介した言動は、案外クセづいている人も多いです。

ですから、無意識のうちにやっていないか改めてチェックする必要があります。

まずは好きな人中心の生活から、自分のペースを中心の生活に変えるよう意識することで、状況を打開できるかもしれません。

(なつくま/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)