たまに「男性の前で失敗すると恥ずかしくて……」「モジモジしてる女性なんてモテないですよね」と言う女性もいるようです。

恥ずかしい気持ちはわかりますが、それが意外と魅力になることもあるようです。

そこで今回は、男性たちに「恥ずかしがりな女性」の魅力を聞いてみました。

【男性に聞いた】男心をくすぐる「恥ずかしがり屋さん」の魅力

心を開いてくれている感じがする

「恥ずかしがる自分は絶対見せたくない!(笑)だからこそ、見せてくれているっていうことは俺には気を許してるのかなって思う」(31歳男性/商社)

男性にとって「恥ずかしがる姿」を見せるなんて、それこそ「恥ずかしい」みたいです。

だからこそそんな姿を見せてくれていることで、心を開いてくれているように感じるんだとか。

そしてそれが「自分の前だけ」なら尚更ドキドキするようですよ。

守ってあげたくなる

「恥ずかしがってアワアワしていると、『大丈夫だよ』と守ってあげたくなります」(27歳男性/広告代理店)

「うちの妻がそうなんですが、恥ずかしがっているところはいつまでもかわいいです。助けてあげたくなります」(25歳男性/事務職)

「恥ずかしがっている姿」は目に見えて「私今混乱してます!」というのが伝わるので、守ってあげたくなるようですね。

言い換えれば「弱っている姿」でもあるので、守ってあげたい欲を刺激するのかもしれません。

からかいたくなる

「反応が素直でかわいいので、ついいじめたくなってしまう。恥ずかしがるリアクションを期待してしまっています。ごめんなさい」(30歳男性/建築業)

一番多かったのがこちら。

「恥じらい」は男性のいたずら心をくすぐってしまうようです。

反応が良くて、あなたが感じていることがよくわかるので、もっと絡みたいという思いにつながるんだそう。

ただし、それが見たくて「からかい」や「いじり」がエスカレートする人もいますので、好きでもない相手の場合は低い冷たい声で「やめてください」と反応して大丈夫ですよ。

自分にないところに惹かれるのかも

男性の多くは「素直」が下手です。

人は自分にないものを持っている人に魅力を感じるもの。

自分の気持ちを言葉や態度になかなか出せないからこそ、逆に女性の「素直」な姿に惹かれるのではないでしょうか。

ちなみに普段の自分のキャラでは「恥じらい」や「照れ」が合わないと感じる人もご安心を。

普段クールだからこそ「ギャップ萌え」として利用できますよ!

(矢島 みさえ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)