男性は、女性のギャップを知るとキュンとすることがあるよう。

とはいっても、自分ではどうギャップを見せればいいのかわからない人もいるはず。

今回は、男性に「キュンとしたギャップ」を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんなところも見てるの?男性をキュンとさせるギャップとは

お弁当がシンプル

「職場に、いつもお弁当を作ってきている女子社員がいます。かわいい感じのお弁当なんだろうな~と思ってたんです。

ども実施に中身を覗いたら、のり弁に焼き鮭、漬物といった割と渋めのお弁当でした。でも、逆になんかそれがいいなって思いました」(32歳男性/メーカー)

「女性のお弁当」といえば、かわいくてカラフルで手が込んでいる……というイメージを抱いている男性も少なくないようです。

シンプルなお弁当を作ってきている女性を見ると、そのギャップにキュンとするのだとか。

「自分が作ってもらうなら……」と想像しやすいからかもしれませんね。

難しい漢字を読める

「この前女の子と博物館に行ったんです。あるコーナーの説明書きに『専ら』という文字が書いてあったのですが、僕はなんて読むのかわからなかったんです。

一緒に行った子が『もっぱら』とすんなり読んでて。一気に評価が上がりましたね」(26歳男性/運送)

今では漢字を「書く」よりも「打つ」機会の方が多い人がいても珍しくないでしょう。

だからこそ、見慣れない漢字を読めない……なんてこともあるかもしれません。

そんなときにスラスラ漢字を読める女性は、知的な印象を与えられるのだとか。

漢字をおろそかにしないことが、思わぬ恋のきっかけにつながる可能性があるようですね。

SNSに登録していない

「元カノが、デート中に写真をいっぱい撮ってはSNSにあげるタイプの子でした。それに結構うんざりきてて……。

この前知り合った子はいっさいSNSをやってないって言ってて。それだけでなんかいいな……って思ってしまいましたね」(30歳男性/管理)

今の時代、SNSを全くやっていない人の方が珍しいかもしれません。

そんななかSNSをやっていないのは一種のギャップになるようです。

SNS疲れを実感している人は、そんな女性に癒やしを感じるのでしょう。

香りがあるものをつけない

「僕は鼻が敏感で、強い香水の香りを嗅ぐとくしゃみが出ちゃうんです。だから、そういう女性が苦手で。

でも彼女はまったくの無臭なんです。面倒とかいってなにもつけてないみたい。僕としてはすごく居心地がいいですね」(28歳男性/不動産)

年齢を重ねるにつれ、香水や香りのあるヘアスプレー、ボディクリームを使うようになる人もいるでしょう。

男性のなかには、そういった香りに不慣れな人も。

「あえて無臭」というところにキュンとすることもあるのだとか。

なにもつけなかったり、無香料のものを選んでみるのもいいかもしれませんね。

ささいなことにもギャップはある

男性は、女性の意外な一面に触れることで、気になる存在として意識することがあるようです。

ギャップをうまく演出できなさそうな人は、小さなことからチャレンジしてみるといいかもしれません。

気になる男性の心をつかみましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)