LINEって内容も大事ですが、同じくらいタイミングも大事。

そのうえ、セリフごとに「ベストタイミング」は変わるのです。

そこで今回は、定番メッセージ3つのベストタイミングをご紹介します!

せっかく好きな人にLINEを送るなら、恋に効果的な時間に送りましょう♡

【セリフ別】LINE送信の「ベストタイミング」って結局いつ?

「お疲れさま」

……本当に疲れているとき

たとえば気になる彼の仕事終わりの時間や、体調が悪いときなど。

そういった「本当に疲れている」タイミングで送るのが、効果的。

またこのセリフと合わせて、「体には気を付けて」「今日体調悪そうだったね」など気遣うことで、さらに好印象を与えるでしょう。

きっと「ずっと、この子がそばにいてくれたらな」と思ってもらえるかも。

そうなれば、気になる彼の本命彼女まであと少し!かもしれません。

「ありがとう」

……翌日のランチタイム

とくにデートのお礼LINEは、翌日のランチタイム頃に送るのがベスト。

もちろんデート直後に送るのもいいのですが、あえての「タイムラグ」はかなり有効。

なぜなら、予想していなかったタイミングで来るため、サプライズ感があるからです。

もう一度、彼に自分を思い出してもらうためにも、このタイミングを狙って送信してみてくださいね。

「おめでとう」

「おめでとう」

……誕生日の当日中

自分の誕生日を覚えてくれている人に対し、特別な感情を抱く男性は少なくありません。

だって、それほど強い関心を寄せている証拠にもなるため。

また、誕生日前後に顔を合わせるなら、直接「おめでとう」言うのも大事。

いい意味で好意が伝って、恋の進展に役立つかもしれません。

LINEでもっと仲を深めよう!

たとえ直接会っているときに距離を縮められなくても、LINEであれば1対1のやり取り。

もし恋のライバルがたくさんいても、LINEの用い方次第では、一歩抜きんでることができるでしょう。

効果的なLINEで、今後の恋の展開に役立ててくださいね。

(TETUYA/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)