仕事や人間関係に疲れを感じることもあるでしょう。

疲れているときは余裕がなくなり、自分のことで精いっぱいになりがちです。

ちょっとした言動が別れにつながることも。

今回は、疲れているときにやってはいけないことを3つご紹介します。

疲労は別れの原因に?無理してやってはいけないこと3つ

長時間のデート

疲れているときの休日は、ごほうびのような存在でしょう。

睡眠時間を削って仕事をしていた場合は「1日寝ていたい……」なんてこともあるはず。

とはいえ、休みの日くらいしかゆっくり会えないカップルもいるかもしれません。

せっかくだからゆっくり会いたいかもしれませんが、疲れているときの長時間デートは危険です。

イライラしたり眠くなったりしやすいので、あまりアクティブなデートは楽しめないかも。

疲れているときには、家でのんびり過ごすデートなどを提案するといいでしょう。

深い話

疲れているときには、頭が正常に働かず、理論的に考えられなくなりやすいもの。

そんなときに込み入った話や深い話をすると、別れに発展することも。

頭が回らないときには、なにも考えなくても楽しく話せる話題を選ぶといいかも。

大切な話は、お互いが冷静に考えられる状況でしましょう。

美味しいものを食べたり、お笑いを見たりしてリフレッシュを優先できるといいですね。

過剰なスキンシップ

疲れているときは、なにもしたくないと思う方が多いはず。

一緒にいるときはスキンシップをしたいと考える人もいるかもしれませんが、やりすぎはNG。

余裕がないときには、軽いスキンシップさえいやがる男性もいるよう。

添い寝をしたり近くに座ったりなど、徐々にどこまでなら彼が不快にならないか確認してみるといいかもしれませんね。

「なにもしない」が正解かも

恋愛において、心の状態はとても大切です。

同じ話や同じ状況でも、疲れているときとそうではないときでは違う結果になることも。

疲れがたまっているときには、リフレッシュすることや慎重になることを優先するといいかもしれません。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)