男性からの好意は、LINEやデートのお誘いにしか出ないと思っていませんか?

実際には、彼らのささいな言動に「ベタぼれサイン」が隠れていることも。

今回は、男性が好きな人に見せる「ベタぼれサイン」をご紹介します。

気になる男性を思い出しながら、チェックしてみてくださいね。

特別扱い♡男性が好きな人だけに見せる「ベタぼれサイン」

近付こうとする

「好きな子のできるだけ近くにいたいって思っちゃいます。飲み会とかでその子が遠くの席にいたら絶対にそばに行くし、デート中はいつでも手をつなげるくらいの距離にいる。近付きたい気持ちが自然と態度に出ちゃうのかも」(24歳男性/広告)

男性は、好きになればなるほど近付こうとする人が多いようです。

反対に、好意が薄れてくると距離も離れていくのだとか。

距離を縮められると「慣れてそう」と不安に思う方もいるかもしれませんが、好きな女性にほど強引なボディタッチはできない男性もいるようです。

どんな近付き方をするかで見極められるといいですね。

デレデレ笑う

「好きな子と一緒にいられるのがとにかくうれしいって思います。一緒にいると顔がにやけるのが止められず、ついデレデレしてしまって……。『ニコニコしてどうしたの?』なんて彼女に言われることもあります」(25歳男性/福祉)

目が合うと爽やかに笑いかけてくれる……というのとはまた少し違う、デレデレした笑顔になるという男性も。

好きな人の前では、「うれしい」や「幸せ」の気持ちが隠し切れないのでしょう。

一緒にいるときに「美味しい」や「楽しい」などのポジティブな言葉が多いようなら、それも好意のサインであるようですよ。

意見を優先する

「とにかく彼女の好きなものを優先したくなりますね。メインが選べるランチがあったとして、彼女が魚なら自分も魚にします。同じ体験をしたいので。逆に「なんでもいい」と言われると困るし、気持ちが冷めるかも」(29歳男性/金融)

あなたがしたいと言ったことを「俺もしたい!」あなたが食べたいといったものを「俺も食べたい!」と言う……それは妥協ではなく、ベタぼれのサインなようです。

好きな人の好きなものは全部知りたい、好きになりたいという究極の愛情表現かもしれません。

なにか希望を聞かれたときには「なんでもいい」ではなくあなたの希望を伝えるようにしてみましょう。

ささいな言動をチェック!

どんな男性でも、好きな女性への好意はいたるところからにじみ出ているよう。

なんとなくの印象だけで「脈なしかも」と決めつけるのはもったいないかもしれませんよ。

彼らの言動に注目し、ベタぼれサインを見つけてみてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)