ふつうの見た目なのに、妙に異性からモテる女性っていませんか?

そんな女性は、男心をくすぐる「心得」が自然とできているのだとか。

そこで今回は、覚えておきたい「モテ子の心得」を3つご紹介します!

恋愛偏差値アップ!覚えておきたい「モテ子の心得」3つ

仕事優先でも責めない

たとえば残業でデートの待ち合わせに遅刻したり、繁忙期でなかなか会えなかったり。

そんなときに、「仕事と私、どっちが大事なの?」と責め立てる女性もいますよね。

でも、男性にとってはどちらも大事なのです。

ただ生活のためにも、長い目で見て彼女のためにも、仕事を優先せざるを得ない場面って多々あります。

そこで彼を責めず、むしろ「お疲れ様」と一言気遣える女性なら、一目置かれる存在になるでしょう。

程よく放置してくれる

好きな男性が明らかに疲れているとき、「私が癒やしてあげないと……」と思う気持ちは自然なものだと思います。

しかし男性のなかには、極限まで疲れると「1人になりたい」タイプの人がいます。

好きな男性がそのモードだと、女性としては不安が募ってしまうかもしれません。

でもあまり自分の気持ちだけを優先してしまうと、関係が崩れる原因にもなってしまいます。

ですから、たとえLINEの返信が遅くなっても「そのうちくるかな」くらいにゆったり構えることが大切。

思い悩みすぎず、自分の時間を過ごしましょう。

話をしっかりと聞く

話をしっかりと聞く

多くの男性の心をつかむのは、やはり「聞き上手」な女性。

男性のなかには、いつも聞き役ばかり請け負っていて、自分の話がなかなかできない……とひそかに悩んでいる人がいます。

そんな男性からすると、自分の話をしっかり聞いてくれる女性は、貴重な存在。

スマホをいじらず、適当に流さず、ウンウンと相づちを打って話を聞いてもらえれば、それだけ信頼感を抱くでしょう。

そのうち、他の人には話せないようなデリケートな話もしてくれるかも。

そんな女性なら、自然と恋愛対象としても意識しやすくなるでしょう。

「男なんだから○○」と言わない

たとえば「男なんだからリードして」「男なんだから泣かないの!」と、無意識にプレッシャーを与える言葉を連発する女性がいます。

こういう発言を聞くと、男性としては「常に強い自分でいなくてはいけない」という負担になることがあるのだとか。

ただ仕事でうまくいかないとき、なにか大きな失敗をしてしまったとき、夢や希望を失ったとき……どんな男性にも、弱ってしまうことはあるものです。

そんなとき「男性だから」という理由でプレッシャーをかけられてしまったら、もっと辛くなってしまうでしょう。

性別関係なく、その男性個人を見てあげられるといいですね。

ポイントは「気遣い」

今回ご紹介したポイントに共通するのは、「気遣い」の気持ちです。

自分が好きな人に対して、どれだけの気遣いを見せられるか……。

この記事を参考に、できるところからはじめてみてくださいね。

(阿部田美帆/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)