デートができるということは、少なくとも、彼があなたに対して好意を抱いているからでしょう。

でも、そのデートがきっかけで「もう関わりたくないな」と思われたら、ショックですよね。

そこで今回は、それを防ぐためにも、4人の男性に「デートで萎えた瞬間」について聞いてみました。

4人の男性に聞いた…デートで「萎えた瞬間」のエピソード

ほかの男性との電話を優先したとき

「食事しているとき、相手のスマホに電話があって『あ、○○く~ん!』と甘えた声で電話し始めたんですね。
数分話し終えたあと『ただの友達だよ~』と言っていましたが、そうは聞こえませんでした。次のデートはないですね」(32歳男性/営業)

デート中、ほかの男性から連絡が来ること自体、相手の男性からすればかなりモヤモヤするでしょう。

デート中はどれだけ相手との時間に集中しているかで、評価が大きく変わります。

ひと言多いとき

「デート中のランチは、彼女がスマホで調べた店に行くことになりました。
確かにオシャレでいいお店でしたが、彼女は『味は普通』だとか『レビューに書いてあるほどじゃない』『私はもっといいお店を知ってる』とかなんとか……。次はないですね」(30歳男性/フリーランス)

お店選びのセンスはよくても、結局はいっしょにいて気持ちよく過ごせるかどうかが一番大切です。

楽しく過ごせればファミレスでも構わないという男性は少なくありません。

お店へのこだわりはほどほどに、相手と時間を過ごすことを楽しみましょう。

ほかの人見下していたとき

ほかの人見下していたとき width=

「デート中『見て、あそこの2人!○○はないよね(笑)』と、その子が大声で笑ってました。
確かにちょっとツッコミどころはあるかもしれませんが、わざわざそれを口に出すのってどうかなあ。
ほかにもほかの人を見下すようなニュアンスで話すことが多かったので、次のデートは保留にしました」(29歳男性/営業)

すぐに周りの何かに対して、文句や悪口を言う女性とは、男性もお付き合いをためらってしまうでしょう。

知らず知らず、あるいはデート中のテンションで無意識にそういう発言をしてしまわないように気をつけてください。

遅刻の理由が笑えないとき

「初デートでワクワクしていたのですが、相手の女性が2時間以上も遅刻して来ました。しかも原因は夜更かし……。
遅くまで仕事してたとか、緊張して眠れなかったとかならいいんですけど。
自分とのデートが二の次にされていると感じて、次のデートはないかなと感じました」(26歳男性/営業)

遅刻はやっぱり厳禁。

それも初デートなら、なおさら気をつけたいところです。

どれだけデートを楽しみにしているかは、デートの準備をどれくらいしているかでも伝わるもの。

できる限り体調を整えたり、あるいは前もって準備をしておいたりするといいでしょう。

ちょっとした配慮を欠かさずに

自分では何とも思っていないことが、相手にとっては不快になる可能性もあります。

デートの前に、相手の不快に思うかもしれない言動はできるだけ避けておくようにしてください。

ちょっとした気遣いが、次のデートにつながるカギになるでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)