熱烈なアプローチをされて交際をしたら、付き合い始めてすぐ、彼が「釣った魚にエサをやらない」状態に……。

そんなこんなで、あっという間に破局(orフェードアウト)ではつらいですよね。

そこで今回は、「熱しやすく冷めやすい男性の特徴」をご紹介します。

一時的な恋じゃなく、じっくり長く続く恋をしたいのなら、こういう男性には注意していきましょう。

「付き合っても長続きしない」男性の特徴

1人で盛り上がる

相手との気持ちの温度差を無視して、「俺ら合うよね!」「運命だ!」と簡単に言えちゃう男性は、恋愛にのめり込みやすく、かつ自己チューである可能性が高いでしょう。

そして、その恋が自分の思い通りにならなかったら、工夫したり話し合いをしたりするのではなく、音信不通になったり、さっさと別れようと言い出したりするタイプかもしれません。

恋についても、「自分さえ楽しければそれでいい」と考えている場合も少なくないようです。

だから、植物を大事に育てるように「恋を育む」のではなくて、「使い捨て」な恋になりがちなのです。

お互いのこともよく知らない段階からひとりで盛り上がって、「相性がいい!」みたいなことを言う男性は要注意です。

プレゼント攻撃

まだ付き合ってもいない段階から「プレゼント攻撃」で女性の心をつかもうとする男性は、過去の筆者の経験からも、かなり冷めやすいタイプだと言えます。

「中身での勝負」では口説けないと自覚しているからこそ、プレゼントで気を引くのかもしれませんが……。

口説く段階のプレゼント攻撃を、「ゲーム感覚」のように楽しんでいるだけなのでしょう。

もし、お付き合いをする前に必死に貢いでくる男性がいたら要注意です。

貢いで「好き」だの「愛してる」だの言ってくれるのはそのときだけかもしれません。

サプライズ好き

付き合う前から「サプライズ演出」をする男性は、ナルシストである可能性が高いです。

相手を喜ばせるというよりは、「好きな子にこんなことしちゃう俺、かっこいい」と自分に酔いたいだけかもしれません。

「口説くまでが一番楽しい!」と感じるタイプなことも多いようなので、お気をつけて。

自分勝手な男性に引っかからないために…

最初の情熱にころっと落ちてしまいそうにもなるかもしれませんが、おそらくほとんどの場合、それはあくまでも一時的なもの。

長続きする恋がいいのなら、むしろ「熱しにくい」男性の方がおすすめ。

今回ご紹介したような口説き方をしてくる男性がいたら、ちょっと注意してみてくださいね。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)