好きな男性や彼氏に対して、気遣いをすることもあるでしょう。

しかしなかには、言葉にはしないけど「それ疲れる……」と思われている可能性があります。

今回は、男性に「やりすぎな気遣い」について聞いてみました。

気が利く女性とやりすぎな女性は紙一重なのかもしれません。

ぜひチェックしてみてくださいね。

気を利かせたつもりでも…!男性が思う「やりすぎな気遣い」とは

細かい忘れ物チェック

「出る時間が早い俺に向かって、毎朝玄関で『お弁当とお茶もった?』『ハンカチとティッシュは?』『書類忘れてない?』って彼女の忘れ物チェックが半端なくて疲れます。見送ってくれるだけでいいんだけどな……」(27歳男性/公務員)

同棲中の彼氏や、お泊りデートの次の日にはつい忘れ物チェックをしてしまうという心配性な方もいるのではないでしょうか。

大事な日や絶対に忘れられないものだけならまだしも、なんでも心配されすぎると疲れるという男性も。

やさしさのつもりでも、信頼していないと感じさせることもあるようです。

口うるさくならないよう、気を付けてくださいね。

ガチガチにプランを立てる

「銀行に勤めてる俺の彼女は、しっかりしすぎているくらい気遣いもバッチリなんです。それは彼女のいいところだとは思うけど、毎回デートコースが事前に決められすぎてて辛い……。

『9時○○駅前集合、○○で映画(チケット手配済み)を見たあと、○○で食事。○○で買い物(検討中のコート購入)、21時解散ね』みたいな。

デート前日に、そんな行程表がLINEで送られてくるんですよ。俺、なんかのツアープランに参加するのかなって思いますもん」(28歳男性/メーカー)

ノープランでデートに臨むのには、不安を覚える方もいるでしょう。

しかし集合から解散まで、時間単位でガチガチにプランを立てていては、息苦しさを感じさせることも。

ご飯の場所ややることだけをなんとなく決めるくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

タバコに火をつける

「男女のグループで仲の良い女の子がいるんだけど、タバコを吸うときサッとライターを差し出してくれる。

俺にだけじゃなくてほかのやつにもやってて。気遣いのつもりなんだろうけど……お水の人かな?って思います」(28歳男性/広告)

まるで仕事のような先回りしすぎた気配りに、疲れを感じる男性も多いようです。

タバコに火をつけるだけでなく、水を飲み干す前につぎ足したり、トイレのあとにハンカチを差し出したり……。

気遣いのつもりでも、商売っぽさが出てしまうようなので、気を付けましょう。

やりすぎはくどいかも

気遣い上手な女性は、あからさまなことはやらないようです。

相手に気遣いと思わせないような気遣いで、彼らの心をつかんでいるのでしょう。

やりすぎな気遣いにならないように、あえて「やらない」を選べるといいかもしれませんね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)